次世代の電話代行サービス

2010年8月アーカイブ

キャッチホンのメリットデメリット

キャッチホンと言えば、携帯電話にもその機能はあります。
すでにご存知の通りたとえばAさんの電話をしながら、
Bさんの電話も同時に取れるというものです。

これで、相手に話し中のイライラをさせることなくなります。
実はキャッチホンは留守番電話よりもずっと早くできた機能なんですね。
ただ、すごく真剣な話をしている時のキャッチホンのサインは
ちょっとイライラとするものだったりします。

時として、いっそのこと話中の方が良かったかも?
と思うことも。(笑)
でも、こうした電話の機能が付くことは、当時としてはとても楽しいことでした。
少しの料金でキャッチホン、もちろん携帯電話ではおなじみの設定です。
それも自分で設定するというものです。

私個人としては、電話の途中で相手の方を違う電話で待たせてしまうことに
なんとなく少し違和感を感じてしまうのでキャッチホンは使わない派なんですが。
職種にもよると思いますが、皆さんはどちらでしょうか。



Google+

Facebook

Twitter

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ