次世代の電話代行サービス

除夜の鐘

*...── 電話代行 コラム ───────...*

「全国どこにいても安心の電話応対」

会社の代表電話番号がもし携帯番号だったら、
どのような印象を持つでしょうか。
 

「きっと個人でやってるところなんだな」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
中には「ちょっと怪しい会社かな?」と思ってしまう人もいるでしょう。


かといって、代表回線を持つと、携帯電話とは別に回線を持たなければ
ならないため経費もかかります。
そして何より、電話応対に時間が取られます。
また、転送機能があるとはいえ、基本的にはすぐに電話に出るようにしなければ、
相手に印象も悪くなってしまいます。
 

でも電話代行サービスを利用すれば、その問題も解決できます。
自分の代わりに電話応対をしてくれるプロのスタッフがいるので、
完全に任せておけるのです。
もちろん電話の引き継ぎや、伝言なども引き受けてくれます。
 

すぐに連絡が取れないような場所にいても、きっちりと連絡をくれるので、
他の仕事に集中することができます。
 

例えば、商談で遠方に出張にいっていたり、あるいは現場に出向いて
そこが電波の繋がらないような所でも、
いちいち電話のことを気にしなくてもよいのです。
スケジュールも共有できますので、取引先とのアポイントメントもスムーズにいきます。
 

会社を経営している人にとっては、全国どこにいても、かかってくる
問い合わせの心肺をしなくてもよいというのは、
大きなメリットではないでしょうか。
 
 
 

*...── 電話代行オペレーター日記 ───────...*
 
 
こんにちは。
電話秘書の渋谷ブロードウェイです。
 
寒い日が続いています。
皆様風邪などひいていませんか?
 
新年を迎えて早いもので一か月がたちました。
あっという間に時間が過ぎて行きますね。
 
少し前の話になってしまうのですが、
12月31日、生まれて初めて除夜の鐘を撞きました。
毎年、除夜の鐘を聞きながらいつか除夜の鐘をついてみたいと思っていました。
でもどうやったらいいのか分からなかったんです(;^ω^) 
 
私の家のすぐ近くにお寺はあるのですが除夜の鐘をならす事はしていませんでした。
でも去年の11月頃に新しく作り始めたのです。
これは除夜の鐘の為?と期待していたら予想通り
掲示板に除夜の鐘のお知らせが貼ってありました!
 
当日は夜10時30分に整理券を配ると書いてあったので早速取りに行きました。
整理券なんて配るんですね。知らなかったです。
整理券を貰って一度家に帰ってから11時半にまたお寺に行って順番に並びました。
並んでいる間に看板に書いてある説明を読みます。
 
鐘をつく前に一礼をしてお経の様な言葉を3回唱えると
書いてあって少し緊張しました。
 
ただ鐘を撞けばいいと思っていたのに色々と儀式があるんですね。
ちゃんとお経が言えるのか?きちんと鐘を鳴らす事が出来るか不安でしたが、
無事に除夜の鐘を撞く事が出来ました。
 
力の入れ具合で音の響き方が違うのですが、
私がついた時に後ろにいた男の人が、
「いい音だ~」と言ってくれて嬉しかったです(#^^#)
 
最近、除夜の鐘が煩いと言うクレームがあるようですが、
年に一度、新たな年迎える伝統行事なんでいいんじゃないかと思います。
確かに家に帰ったらかなり大きな音が鳴り響いていましたが・・・。
 
 
今年残りあと11か月・・・
この一年の間に小さな事でも何かまた新しいことを体験して行きたいと思います!
 
 
 
電話秘書の渋谷ブロードウェイでした。
 
 
 
 
 

Google+

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、shibuya-officeが2017年2月 9日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「湿疹」です。

次のブログ記事は「帰省」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ