次世代の電話代行サービス

手続き

*...── 電話代行 コラム ───────...*
 

「電話代行はセミナーの受付窓口も対応してます」
 

会社によっては、商品の説明会やモニター募集などのセミナーを
開催しているところもあると思います。
でも、会場のセッティングや、人を集める工程、時間の調整など、
大変な作業であることは間違いありません。
 

ただ、その分会社の名前を売る機会でもありますし、
もし新しい商品をリリースするのであれば、かなりの宣伝になります。
だからこそ、是が非でも開催したいと考えている会社も多いことでしょう。
 

弊社で行っている電話代行では、セミナーの受付窓口として
電話応対を行うことができます。
申し込み方法や、開催日のアナウンス、あるいは料金の支払い方法など、
セミナーに関する問い合わせ全般の電話を受付いたします。
 

セミナーは、開催する前の準備が大切であり、
そのためには会社の担当者と参加者にこまめに
電話などで連絡をする必要があります。
そのためにも専用の電話番号というのは必要となります。
 

弊社の電話代行のスタッフは、セミナー受付窓口の経験も豊富で
丁寧な電話応対を行っております。
各々場面に応じて高いスキルと応対品質をご提供できるからこそ、
会社のイメージに傷をつけることもなく、
多くの参加者を募ることが可能となります。
 

そしてセミナーが成功すれば、それだけ会社の業績アップにも繋がります。
希望される方にはセミナー専用電話番号を無料で貸与しております。
対費用という面でも貴社のお役に立てるものと思います。
ご必要な時にはぜひご活用ください。
 
 

*...── 電話代行オペレーター日記 ───────...*
 

こんにちは!
電話秘書の渋谷じゅんじゅんです(^^)/
 

先日、マイナンバーカードを取得いたしました。
私は、自動車免許証や住民基本台帳カードを持っておらず、
顔写真付きの身分証明書を持っていませんでした。
 

その為に、マイナンバーカードを取得いたしました。
ネットからまずお申込をし、顔写真もネットから送信しお手続きをしました。
その後、役所からマイナンバーカードを受取りに来てくださいと言う
書類が届き、受取りに行こうと思い、必要書類を用意していました。
 

その必要書類が、足らないのです!
私は、健康保険証と年金手帳を用意しました。
しかし、年金手帳の名前が旧姓だったのです。
 

結婚して名前が変わった時に、年金手帳をもって変更届に行ったのですが、
年金手帳が手元に戻ってきたときに、旧姓のままだったので、
その場で旧姓のままですが?と役所の方に伝えたところ、
それは、旧姓のままで大丈夫です。と言われたのです。
なぜですか?と言った所、照合すればわかるからと言う返答でした。
 

その時は、そこまで言うなら旧姓のままでいいかぁ、と思ったのですが、
今回、マイナンバーカード取得にあたりどうなるのだろうか?
と思い、係に問い合わせました。
 

そしたら、住民票や、生年月日が書いてある病院のカード数枚、
年金などの納付書などの氏名と住所が確認できるものを複数ご用意頂ければ
窓口担当の判断で取得できる"かも"しれないとの事でした。
 

"かも"じゃ困る!と思い、旧姓と現在の名前が確認できれば
大丈夫だろうと思い近くの出張所に住民票をまず取りに行きました。
そこで、マイナンバーカードを取得する際の必要書類の件で
あれこれ、説明したところ、年金手帳の名前を現在の名前に
変更してくれると言う事で即解決でございます。
 

あれこれ考える前に、早く変更してもらえばよかったと思いました。
 

全て書類が揃ったので、マイナンバーカードを取得しに行きました。
そこで、驚いたのが、まず、送信頂いた写真と本人が一致するかどうかの
顔認証を行います。との事。
 

何かレンズに向かって顔を向けて認証を行いました。
するとすぐに「はい。認証できました」と言う事でした。
 

密かに、感動しました!
すごいですぅ!
 

もろもろ、作業が終わり、やっとカードが手元に来ました!
 

これで今後、身分証明書の提出時に困る事がなくなり
安心ですぅ。
 

電話秘書の渋谷じゅんじゅんでした(^^)/
 
 
 
 
 
 

Google+

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、shibuya-officeが2017年5月25日 12:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「母の日」です。

次のブログ記事は「仙台うみの杜水族館」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ