次世代の電話代行サービス

2017年11月アーカイブ

老犬

電話秘書の渋谷マオです。
 

我が家には16歳になるメスの柴犬がいます。
名前はソラです。
 

1年半くらい前までは子犬かのようにやんちゃで元気が良かったのですが、
昨年の春に前庭疾患になってしまってから一気に老いてしまいました。
 
前庭疾患は突然発症するもので、
急に身体のバランスが取れなくなり、グルグルと回転してしまったり、
眼振といってずっと目が回っているような状態になり、
食事もまともに採れない日々が続きました。
 
やっと少し良くなってきたと思ったらまた再発してしまい、
一時はどうなることかと本当に心配でした。
 

数か月後には徐々に症状は治まりましたが、やはり後遺症が残り、
以前のようには走り回ったりできなくなってしまいました。
いつも駆け上がっていた2階への階段も上れなくなってしまい、
今は1階のみで過ごしています。
年も年なので、後遺症なのか老化現象なのか分からない部分もありますが。。
 

室内のフローリングでは肉球が滑ってしまって歩けないため、
今は絨毯やコルクを敷き詰めて、なるべく転んだりしないように気を付けています。
歩くのがとてもゆっくりになってしまいましたが、1日4回は散歩にも出ます。
よっちよっちとゆっくりですが遠くまで歩くこともあります。
「頑張って~」とか「何歳ですか?」とか通りすがりの人にも
よく声をかけられます。
 
時々散歩から帰ってくると嬉しいのか室内を駆け回ることもあります。
身体のバランスが悪い状態で走りまわるのであちこちにぶつかったりもしますが、
病直後よりもずっと元気になっていて微笑ましいです。
 

すっかりお婆さんの顔になってしまいましたが、
変わらずに愛しくてたまらない存在です。
 
1日でも長く共に過ごせるように願っています。
ソラ、ずっと元気でいてね。
 
 
電話秘書の渋谷マオでした。
 
 
 

横浜中華街

こんにちは!
電話秘書の渋谷じゅんじゅんです(^^)/

11/3(金)文化の日、久しぶりに晴れましたね(^^♪
いい天気でした♪

そこで、友達と中華街にご飯を食べに行きました。
中華街に着いたのが11:00ちょっと前くらいでしたが、
中華街の駅から大混雑で、今までにこんな大混雑時に来たことが
なく、山下公園で何かイベントがあるのかなぁ?
と思いながら、中華街方面へ進んで行きました。

しかし、山下公園方面へはほとんど人は流れず、
ほとんど中華街へ人々が流れていったのです。

うわぁ~・・・ なんでぇ~? 天気がいいから?
3連休だからぁ?

中華街を歩き始めましたが、やはり大混雑でした。
しかし、目的としていた中華料理屋さんには入れて、
特に問題はなかったのですが・・・

以前3連休中に来た時にはそこまで混んでおらず、
今回の混み具合は異常でした。
少々、疲れました・・・

ご飯を食べ終わり、山下公園に向かい水上バスでみなとみらい21まで
行き、赤レンガは避けて、ワールドポーターズでお買い物をして、
クイーンズスクエアまで戻って広場に行ったら、
なんと、結婚式をがこれから始まる所でした!

神父さんもその場所におり、讃美歌が流れてきました。
その賛美歌に感動し、足を止めて結婚式を見ることにしました。
全く知らない人の結婚式なのに、その雰囲気に飲み込まれ
ウルウルしてしまいました。


誓いの言葉、誓いのキスまで見届けて、
その場を去りました。
末永くお幸せに♪


電話秘書の渋谷じゅんじゅんでした(^^)/

 

 

 

 

『癒し』

*...── 電話代行 お役立ちコラム ───────...*
 
「電話応対のトラブル発生時に意識すること」
 

電話応対を行っていますと、避けて通れないのがお相手とのトラブルです。
特にクレーム対応をする時は、少しでも対応の仕方を間違えると
大問題に発展してしまうことがあります。
電話ではお相手の顔が見えないため、誤解を招くことや、
知らないうちに相手に不快な思いをさせてしまっていることがあるのです。
 

それらを避けて通るためにはいくつかポイントがあります。
まずはお相手の話を良く聞くことです。
電話越しだとなかなかお相手の感情は見えてきません。
 

だからこそ、お互い落ち着いて話すことができるよう、
まずは話を最後まで聞くようにしましょう。
次に、お相手の話に理解を示すことです。
どれだけむちゃなことを言っていても、理不尽だとしても、
まずはお相手の気持ちに理解を示すようにしましょう。
 

電話でのクレームは、お相手が言いたいことを言い終わると、
それだけで解決することも多々あります。
 

最後に姿勢です。
電話だと、対面とは違い相手に自分の姿を見られていないため、
ついついだらしのない姿勢で電話応対してしまいがちです。
しかし姿勢が悪い人は、電話対応も悪い傾向があります。
 

常に目の前にお客様がいると思って対応するようにしましょう。
電話でトラブルを避けて通るためには、まずは相手の立場にたって、
落ち着いて会話ができるように心がけましょう。
 
 


*...── 電話代行オペレーター日記 ───────...*
 



こんにちは!
電話秘書のアリスです。
 

私の実家には、現在、金魚と亀が家族として住んでいます。
金魚は、昔から常に代替わりをしていた記憶があります。
いまは小さいのが2匹います。
3匹同時に名前をつけたのですが、いつの間にか1匹しんでしまったようです。
3匹セットで名前をつけたので、もう忘れてしまいました( ?ω? )
赤で綺麗な子と、大きな黒目がかわいい子がいます。
よく、同じ方向を向いてなかよく並んで泳いでいて癒されます。
水槽なのでむこうからは見えていないと思うのですが、
金魚と目を合わせてみたり、指で(有)誘導したり楽しく遊んでいます。
 

そういえば3歳くらいに縁日で買ったらしい金魚は、
目の色が金色の子と銀色の子だったので、
それぞれ「金」「銀」と名付けました。
名付けが良かったのか、きんさんぎんさんのように
長寿で10数年元気に泳いでいました。
指の大きさくらいだった金と銀は、最終的には体は握りこぶしくらい。
尾ひれまで入れると20センチくらいにまで大きくなっていました。
大きくて長生きしている金と銀が自慢でした。
 

小学生の頃は学校でハムスターが流行っていて、
図書室では4コマ漫画が貸し出し中で順番待ち。
文房具屋ではペンケースなどのグッズが多くあって皆集めていました。
当時は私もハムスターが欲しくて欲しくて、
ようやく念願のジャンガリアンハムスターを飼ってもらいました。
「ラッタ」というポケモンの名前を付けて友達どうしで集まって遊んでいました。
父が「ラッタがいない!」と騒いで探していると、
何食わぬ顔でカーテンレールの上をとことこ走っていたらしく、
想像して笑いました。
寿命は2年ほどと聞いていましたが、ラッタはわりと長生きしたほうだと思います。
おやつのひまわりのたねをこっそり食べちゃったのは許してね、ラッタ。
 

祖母が動物がだめなので犬や猫は飼うことができなかったのですが、
2週間だけうちに犬がいたことがあります。
父が仕事で借りてきたマメシバを、うちで2週間預かることになったのです。
私は犬は好きなのですが大きい犬に弁当を食べられたことがあるので、
苦手意識があったのですが
マメシバは手のひらサイズでほんとうにほんとうにかわいくて、
家族みんなでメロメロでした。
ペットショップに返しに行った後は、
まだ小さかった妹は理解できず「犬がいない~」と夜泣いていました。
 

そのあとは、パピヨンという犬種が欲しくて欲しくて欲しくて、
ペットショップに行くと買って買って買って攻撃をしていたのですが
やはりだめで、代わりにちいさくてかわいいミドリガメを2匹買ってもらいました。
その子には、「パピヨン」と名前を付けました。

妹は、「まるまる」と名前を付けました。
まるまるは数年でしんでしまいましたが、
今ではパピヨンはすばらしい成長をとげ、
甲羅はそれはそれは立派に大きくなりました。
 
甲羅干しのときにこっそりみていると、
首をにゅうっと出して気持ちよさそうにしているのがとてもかわいいです。
私が実家に帰ると、「パピヨン」と呼ぶと出てきてくれます。
目を合わせてにらめっこをしています。
よく庭で家族でおにごっこもします。
パピヨンは、油断させておいてすごく速いスピードで走ることができるのです。
 
亀は動きがゆっくりという噂が、パピヨンによって消えました。
うちの癒し隊長です。
これからもゆっくり長生きしてほしいです!
 

電話秘書のアリスでした。
 
 
 
 
 
 
 

Google+

Facebook

Twitter

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ