スマートフォンと携帯電話の違い

お問合せ サイトマップ

スマートフォンと携帯電話の違い
次世代の携帯端末として登場したスマートフォン。
とくにアップル社の「iPhone」登場のインパクトは大きく、一気に話題のアイテムとなりました。

現在では携帯電話にとってかわるツールとして市場を拡大している状況です。

スマートフォンはよく従来の携帯電話とパソコンの両方を兼ね備えていると言われます。

しかし使用したことがない人にとっては携帯電話と何が違うのか疑問に思うのではないでしょうか。

最大の違いはスマートフォンはパソコンで使用する機能が多数搭載されていることです。

とくにインターネット接続機能は重要なポイントです。スマートフォンでのインターネット接続ではフルブラウザでの閲覧が可能になっています。

それからメール。携帯電話のメールはもちろん、パソコンでも利用できるPCメールの利用も可能です。

インターネット以外にもパソコン的な機能が搭載されています。たとえばワードやエクセルファイルの閲覧、文集入力など。

携帯電話の小さな画面では限度がある機能もスマートフォンなら可能なのです。
また、携帯電話にも搭載しているものの、スマートフォンの方がより優れている点も違いとして挙げられるでしょう。

音声や動画のダウンロード、再生機能。
デジタルカメラ、ムービーカメラとしての機能など。
電子書籍の端末なども注目すべき違いと言えるかもしれません。

スマートフォンの利用者は携帯としての機能をベースに活用するケースと、パソコン的な使い方をするケースに分かれるといわれています。

似ているようでいてその実、大きな違いがある、
両者をうまく使い分けることもこれからの時代は必要になってくるのでしょう。


電話の基礎知識&便利に使う方法


プランを比較する お問合せ