お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

スタッフブログ 電話代行の渋谷オフィス

●野球観戦●

*...── 電話代行 お役立ちコラム ───────...*

「電話代行サービスは従業員満足度にも貢献」
 

みなさんは「ES」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
「CS」という言葉はご存知かもしれません。Customer Satisfaction、
いわゆる顧客満足度です。
お客様に喜んでもらえるようにしようという意味でよく利用されます。
 

一方ESとは、Employee Satisfaction、つまり従業員満足度です。
近年は、ESも高めることが会社にとって利益になり、
更にCSも高まるということで注目されております。
 

電話代行サービスにはこのESを高める効果があると言われております。
まずは電話応対のストレス軽減です。
会社の電話はひっきりなしになっております。
 

一日中電話応対をしていたら当然ストレスもたまります。
その負担がなくなることで従業員は安心して仕事ができるようになります。
そして、自分の業務により集中できます。
 

電話に出るとその都度作業を中断しなければならないため非効率的になります。
しかし電話代行を導入すればそういった心配もなくなり、
より業務効率がよくなり業績向上にも期待できます。
 


会社の電話が必要なことは間違いありませんが電話応対は
時として社員の重荷になってしまうことがあります。
それを電話代行サービスを使って軽減していくことで、
従業員満足度が高くなっていき、より大きな利益を生み出すことに繋がります。
 
 

*...── 電話代行オペレーター日記 ───────...*
 

こんにちは!!

電話秘書の渋谷チョチョッパーです。

 

夏も終わり、そろそろ秋から冬の季節になりますね。
 
夏の期間はお仕事から帰る時間の夕方頃でもまだ空は明るいのですが、
秋頃からもうお仕事から帰る時間帯は暗くなって来ます。
お仕事から帰る時間帯に空が明るいと、
まだまだ1日が長いと感じられ、
お仕事が終わった嬉しさとで2倍嬉しいのです。
でもお空が暗い冬の時期はお仕事が終わると、
もう1日が終わったような少し悲しい気分になります。
 

私は10月に入ると、今年も終わったなという感覚です(;´∀`)
新しい年になってたとしてもあっという間に半年が過ぎ、
半年が過ぎた6月になると、又あっという間に12月・・・
ここ何年かは特に1年があっという間に感じます。
 

先々月の8月のお話ですが、
人生で初めて生の野球の試合を観戦しに行きました。
 
東京ドームでの阪神VS巨人戦です。
後楽園やLaQuaには行っていたのですが、
東京ドームの中に入るのは初めてでした。
東京ドームの中の感想は、
私が思っていたよりも少し小さく感じました。
 

でも何よりもびっくりした事が2つあります。
 

1つ目は、応援コールです。
応援団の方達、野球ファンの方達の応援コールの凄さに驚きました。
テレビで野球を観ている際に応援団の方達、
野球ファンの方達の声も聞こえていましたが、
やはり実際に球場は行って、生で応援を聞くのとは迫力が全く違いました。
 
応援されている応援団やファンの方達の球場内での応援コール、
一体感もとても肌に感じる事が出来ました。
応援団の方達、野球ファンの方達は毎回試合の度に応援コールを行っているなんて、
選手の方達は幸せだなと思いました。
 

2つ目は、観戦中に球場内でビールなどのドリンク販売をしている
売り子さん達です。
 
重いタンクを背負ったり、持った状態で、
球場内の狭い階段を上に上がったり、下に下ったり、何十往復もΣ(゚Д゚)
汗を沢山かかれていながらも笑顔を絶やさずに常にニコニコ。
その仕事っぷりには本当にとても感服しました。
それに・・・可愛い売り子さんが沢山!!カワ(・∀・)イイ!!
 

タンクを背負った売り子さん達が販売しているドリンクは、
ビールやソフトドリンク類だけかと思っていましたが、
レモンサワー、ウイスキー、スパークリングワイン、梅酒etc・・・
こんなにお酒の種類が多くあることにも本当にびっくりです!(^^)!
 

初めての野球場での試合観戦でしたが、テレビでの観戦とは違い、
生での試合は迫力や臨場感、楽しさが違いました。
 
 
又是非行きたいと思った、
電話秘書の渋谷チョチョッパーでした。
 

 
 
 
 

Google+

Facebook

Twitter

このブログ記事について

このページは、shibuya-officeが2017年10月 5日 11:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロテイン」です。

次のブログ記事は「衣替え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ