お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

起業/開業に必須な会社の固定電話番号どうする?

起業/開業に必須な会社の固定電話番号どうする?

いざ起業をした際にまず必要になるのが、

・オフィス (シェアオフィス)
・名刺
・会社の電話番号

上記3点だと思います。

会社の住所についてはシェアオフィスを利用するなど
比較的準備する敷居は低いかと思います。名刺についても
イラレなどでデザインを起こし、ネットで印刷データを入稿すれば
こちら比較的簡単に準備ができます。

固定電話どうするか問題

問題は電話番号をどうするか?という方も多いのではないでしょうか。
とりあえず「自分の携帯電話番号でいいや」という方もいらっしゃると思いますが、
後々どうせ会社専用の電話番号が必要になることは目にみえています。

携帯電話を専用電話番号とした場合

会社への連絡が携帯に入ってくることで、クライアントからの電話を取りこぼす
ことはないと思いますが、いつ何時かかってくるかわからない電話に対して、
その都度応対していては仕事に集中できない可能性があります。
またプライベートな時間でも取引先やクライアントから電話が
かかってきたのでは、仕事と休日のメリハリがつけにくく疲弊してしまうでしょう。
仕事もプライベートも区別なく、ガツガツ仕事したい人なら大丈夫かもしれませんが、
事業に成長するにつれて会社の固定番号がゆくゆくは必要になるでしょう。

会社専用の固定電話を確保したい!

そんな時こそ電話代行を検討しましょう。渋谷オフィスの電話代行なら
月々3,000円から始められる、起業したての方に向けた格安のプラン
スタートプラン」をご用意しています。
このスタートプランは、起業したばかりで電話がそれほどかかってこない方へ
向けて用意されたプランとなっております。

スタートプランの内容

弊社のスタートプラン内容についてご説明致します。
会社名が同じでしたら、例えば「レーベル部門」、「マネージメント部門」
などのように、1契約で2ヶ所の電話応対に対応することができます

電話秘書の応対例

プロの電話秘書が、あなたの会社の秘書となり電話応対致します
会社名はもちろんのこと、お名前、電話番号、ご用件までしっかりお聞きします。
例えば以下のような応対を致します

例:
「お電話ありがとうございます、〇〇会社でございます。」
「お世話になっております、〇〇制作の田中と申します。山口さまいらっしゃいますでしょうか?」

「〇〇制作の田中様ですね、いつもお世話になっております。
只今、山口は外出しております。よろしければわたくしがご用件を承り、山口に申し伝えます。」
「あ、そうですか ... ちょっと込み入ったお話ですので、それでは折返し頂けますようにお伝え頂けますでしょうか?」

「かしこまりました。念の為にお電話番号を頂いてもよろしいでしょうか?」
「はい。えっと 012-345-6789 です。」

「復唱させていただきます。012-345-6789 ですね。ありがとうございます。
それでは、連絡が取れ次第ご連絡するように致します。」
「よろしくお願い致します」

「お電話ありがとございました。失礼致します。」

起業したてで会社の電話番号、固定番号が必要になった際は
是非弊社のスタートプランをご検討下さい。事業が成長するにつれ、
電話のコール数や用途が変わってくると思いますので、
それに見合ったプランに移動することできます。

【関連ページ】

電話代行初めの一歩

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。