お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

電話応対で「ちょっと恥ずかしい..」よくあるNG

電話応対で「ちょっと恥ずかしい..」よくあるNG

みなさんこんにちは。電話秘書の「むーみん」です。

電話口でついつい間違えてしまう言葉遣いってありますよね。
流石に電話代行サービスの電話秘書オペレーターになってからは、
そのようなことはなくなりましたが、
ついつい間違えてしまう日本語というものは結構あるものです。

そこで今回は、そんなついつい間違えてしまう
電話口での日本語について見ていきます。


電話口で、つい間違えてしまう日本語とは?

まず、これは電話に限らないのですが...
「とんでもございません」ですね。

もちろんこれを間違えたところで大きく叱責されたり
会社の評判を落としたりということはありませんが、
きちんと使えると株を上げるということはきっとあります。

正解は、「とんでもないことでございます」ですね。

切り離せばわかるのですが「どんでもない」は
「とんでも」があるとかないとかいう話ではないわけです。
「とんでもある」という言葉がない以上
「とんでもございません」はNGです。

電話口で気をつけたい言葉として「お名前頂戴します」もありますね。

これは丁寧な言葉づかいとして、
名刺交換ができない電話口でよく聞く言葉ですが、
名前はモノではないので頂くことはできません。

ですので、正しくは「お名前をお教え願いますか(お知らせいただけますか)」ですね。あえて難しい言葉を使わず、普通の言葉で表現すれば良いのです。

また、名前に関して言えば「〇〇様でございますね」も変ですね。
ございますは丁寧語であって敬語ではないのです。

名前は大事なものですので、
そこは丁寧語ではなく敬語に変えて「〇〇様でいらっしゃいますね」が正解です。
電話口の日本語で気をつけたいのは「自社を持ち上げる表現」

例えば上司に敬語を使ったりといったことが
よく注意される内容にはなるのですが、
気をつけていても言ってしまいそうになるのが
「お休みを頂いております」ですね。

「〇〇さんいますか?」に対して
「〇〇は本日お休みを頂いております。」という応答です。

社員が休みをもらうとすれば、それは自社です。
つまりこれは自社に対して社員をへりくだらせているのですから
「自社に対する敬語」になるわけです。

正解は「休みをとっております」ですね。
これも敬語の範疇ですが、よく聞くのが「おわかりいただけましたでしょうか」

これを敬語でない表現に戻すと
「わかりましたか」になり、つまり、
相手の能力を疑う表現になるんですね、
「理解できた?あなたに」の敬語なんです。

ですので、実はこれはかなり失礼な言葉。

正しくは「こちらの説明に不備はございませんでしたか?」
もしくは「ご納得いただけましたでしょうか?」ですね。

ほとんどが敬語の使い方ですが、間違いやすい言葉たち。
しっかり間違えないように使いたいですね。

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。