お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

東京オリンピック、みんなのチケット購入金額の平均は?次回の販売は秋

東京オリンピック

遂に東京2020大会オリンピック観戦チケット抽選申込が開始され、
6月20日には運命の当選発表が行われました。
開催が迫るなか、じわじわと盛り上がりをみせる東京オリンピック。
チケット抽選販売でみなさんがどれくらいの金額をチケット購入にあてたか?
私の周りでチケットを申込んだ!という方数人のお話を伺い
参考になるかは微妙ですが、大体平均してどれくらいチケットにお金をかけているのか?
をざっくり調べてみたいと思います。

まず先日美容室に行った際、担当の美容師さんと話ていると
東京オリンピックのチケット抽選のお話になり、
美容師さんは全部当選すると合計13万円くらい申込んだと話してくれました。

申込んだ競技は、開会式、閉会式はもちろん、
バスケットなどのメジャー競技もいくつか安めの席で応募したとのことでした。
この美容師さんの友人は全部当選すれば15万円くらい応募したとのことで、
美容師さんのお客さんには18万くらい申込んだという方もいるようで
美容師さんを含め、東京在住の方にとっては地元東京で開催されるオリンピックを
どうせなら見に行きたい!という方が多いようです。

私の知り合いの20代、30代の男女に伺ったところ
やはりスポーツ観戦などに興味があり、30代前後の少しお金に余裕がある方が
サッカー、陸上、サーフィン、スケートボードなど人気競技のチケットをそれぞれ
申込んでいました。チケットの申込み合計は12万くらいが平均ラインといった感じでしょうか。

約120万円ぶんチケットを申込んだという方も

抽選結果が発表された際に Twitter では高額当選者が話題を集めました
この方は何と一番人気の開会式、閉会式のA席チケットを当選したというのです。
この時初めて開会式と閉会式の一番良いA席のチケット料金を知ったのですが、
平均的な新卒社員の初任給をはみ出るくらいの金額です。

・開会式 A席 (一般) = 2枚 600,000円
となっています。つまり一人 30万円ということになります

続いて閉会式はというと、

・閉会式 A席 (一般) = 2枚 440,000円
つまり一人 22万円となり、開会式に比べると8万円安いようです

この方はこの他にも、
・陸上競技 男子決勝 | 女子 準決勝・決勝準決勝・表彰式
A席 (一般) = 2枚 50,000円
つまり一人2.5万円などいくつかの競技も当選しており
観戦チケットの当選合計が126万6千円に達する人も出てきています。
ちなみに当たり前ですが、予選のチケットが最も安く
決勝に近くにつれチケット代金は高くなります。

例えばサッカーの場合、
「グループステージ」のA席 (指定席) は = 9,800円
「決勝」のA席 (指定席) は = 67,500円
となっています。
観戦の席についてニュース番組などでは、下から2番目の席を申込むと当たりやすい
などの解説をしていましたが結局のところどうだったのでしょうか?

東京オリンピック抽選販売、申込み金額の平均は?

上記のように数人を調査したところ、約10万〜15万円くらいが平均的な
チケット申込み金額でした。地元開催ということもあり、東京在住の方が
積極的にチケットを申込んでいるという印象を受けました。
その背景には、世界中からやってくる観光客の影響でオリンピック期間中
ホテルや宿泊施設を取れないのではないか?という危機感などもあるようですが、
そういった地方在住の方に向けた、観戦チケット付のツアーを旅行会社が販売しています

次回販売は秋に先着販売!

気になるは抽選販売が終了し、次回のチケット販売はいつになるのか?
ということですが、次回は先着販売として2019年秋頃に販売が行われます。
事実上の二次販売となる「先着順販売」では

・抽選発売の売れ残りチケットの販売
・未発券チケットの販売

が行われるとのことです。

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。