お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

知らないと恥をかく、よくある電話応対の敬語

190910.jpg

皆さん、こんにちは。電話秘書のハナハナです。

これまでも何度か電話応対での敬語の使い方を書いてきましたが、
今回はそのおさらいというかその盲点的なものを再度ピックアップいたします。
もう一度チェックし直して、とっさの間違いをしないように気をつけましょう。

電話応対での敬語の使い方

まずは、よく間違うこれです。

『お名前を頂戴できますか?』

一応断っておきますが『頂戴いただけますか』
とかそういうことではなくて、名前はだれにもあげられませんよ、という話です。

というのも、これ普通の日本語にすると「名前をください」ですからね。
これは当然、住所や連絡先も同じです。
正確には『尋ねる』の敬語である『伺う』を使うといいでしょう。
企業によっては『お教え願う(お名前をお教え願えますか?)』
と言う表現を使う場合もありますが、
決められていない場合は『伺う』を使うのが普通です。

つぎはこれです。

『〇〇はお休みを頂いております』

もちろん、社内の人間に敬語を使わないというのは、
ある意味イロハのイなので気をつけている人は多いと思いますが、
ついとっさにこういう表現はしてしまいがちです。

もちろん『休んでおります』が正解ですが、
案外多いのが『お休みです』や『お休みをとっています』ですね。
休むに『お』をつけるのは社内の人間にはご法度です。

なんとなくそっけない、突き放したような言い方になってしまい、
逆に相手に対して失礼に映るかも知れませんが、社内の人間の行動にはこれが正解です。

そして間違いやすいのはこれです。

『〇〇部長』

いやいや間違わないよ、と思ったあなた。
たしかに、おっしゃりたい気持ちはわかります。

研修やレクチャーでも部長や課長という役職名は敬称にあたるため付けない、
というのは徹底されていますから、ほとんどの人は間違わないものです。

しかし、例えばこんな場合はどうでしょうか?

『山田さんはいらっしゃいますか?』といわれた時、
社内に山田が部長と課長の二人いる場合です。

このときとっさに多分こっちだろうという予測のもと、
『山田部長ですか?(でよろしいですか?)』と答えていませんか?

しかし、当然この場合も役職名は付けません。

とはいえ、相手の言う山田がどちらかは特定しなければいけませんので、
部署が違うなら『営業の山田』でいいのですが、
部署が同じで役職が違う場合は『部長の山田』と答えるべきです。

『山田部長』ではなく『部長の山田』です。

以上、知らないと恥をかくというか気をつけていないと恥をかく敬語でした。

とっさのときほど間違いやすいので、気をつけたいですね。

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。