お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

気づかないうちに使ってしまっているかも...

気づかないうちに使ってしまっているかも...

こんにちは!涼しくなったり暑くなったり夏なのか秋なのか微妙な気温が続いてて、
早く涼しくなってほしい気持ちが大きい 電話秘書の渋谷のきりん です(*^^*)

9月ですね~!気温的にもうすぐ秋になるな~と思っていたのに、
台風が過ぎたあとまた気温が高くなって夏再来!な気分です^^;
秋といえば、食欲の秋!運動の秋!読書の秋!など様々な秋がありますが、
やはり食欲!食べることが好きなので
これから美味しくなる食べものが今からとっても楽しみです\(^o^)/

敬語の使い方

言葉遣いについて個人的に敬語の使い方がすごく難しいなと感じます。
きっと私以外にも苦手だなって感じる方はそんなに少なくないのでは?
と思っているのですが、敬語といっても尊敬語、謙譲語、丁寧語と
種類があって、社会人になって日常的に敬語で話すことが増え、
日頃会話をするなかで違和感を感じる言い回しをしてしまっていたり、
敬語を使われて違和感を感じたことがあるので、
これを機に基本だけでも再確認して誤った敬語を使わないように
気をつけようとおもいました。

丁寧語は~です。~ます。という表現になるので違和感を感じる
ということにはよほどなことがない限りはないと思いますが、
尊敬語と謙譲語は『動作を誰がするのか』が大きな違いで、
尊敬語の場合は自分以外の相手、謙譲語の場合は自分が動作を行っていて、
『見る』という言葉だけでも、敬語だと『ご覧になる』
謙譲語だと『拝見する』になるのでその言い回しがスムーズに出てくるかが
一番の問題なのではないかと私は思いました。

これに関してはよく使う基本的な話し方(言い回し方)を
しっかり覚えて会話の最中に変な日本語になることがないように
気をつけようと思います。

尊敬語と謙譲語より間違えやすと思われるのが二重敬語で、
私も丁寧に...と考えて話すあまり敬語を二重に使ってしまっていて
逆に失礼な話し方になってしまうことがあり、
この経験はもしかしたら私だけでなく知らないうちに
二重敬語になってしまっている方もいるのではないかと思います。

間違えやすいのが代表的なものとして『~なられる』
『~させていただく』があり、私もこの言葉をよく使ってしまっていました...。
この2つの言葉に関しては言葉自体が謙譲語になるので
上記例の『拝見する』につけて使ってしまうことが多いと思いますが、
実際は失礼に当たる使い方になってしまっていたようです。

また例外として『お伺いします』『ご案内申し上げます』などは
許容されている二重敬語もあるみたいですが、こちらも相手の方の立場によっては
あまり使わないほうがいいそうです。

日本語って難しいですね...^^;丁寧に!
と思うのはいいことかもしれませんが、
度が過ぎると失礼になってしまうというのは悪気がないだけ
少し悲しい気持ちになりますね...
普段から気をつけて相手に失礼のない会話を心がけていこうと思います。

電話秘書の渋谷の きりん でした\(^o^)/

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。