電話の歴史について

お問合せ サイトマップ

電話の歴史について 
離れた者同士が音声で連絡を取り合うことができる電話。TEL画像
その歴史はすでに100年以上にも及びます。
よく知られているように、アメリカのアレキサンダー・グラハム・ベルによって発明されたと言われています。

「ベル」という名称もこの人の名前からきています。
特許を申請したのが1876年2月。そして翌77年4月には、かの発明王エジソンがさらに改良した装置で特許申請を行いました。
この時期が創成期といえるでしょう。

その後急速な技術の発展を見せ、1890年には早くもファックスのルーツとなるフルオートグラフが発明されています。
では日本に導入されたのはいつ頃なのでしょうか。
最初に開通したのは1890年。当時は東京と横浜で営業されました。意外に古い歴史を持っていることが分かります。

一般に普及し始めたのは20世紀に入り、日露戦争が終わった頃から。
そして戦前の1939年には加入者数が100万人を突破しました。

しかし本当の意味で電話が一般の国民におなじみの存在となったのは戦後、とくに1960年代に入ってから。
合わせてコードレスフォンやテレホンカードを使用できる公衆電話などの現在に通じるサービスも登場しています。

この時期に誕生したサービスに電話代行サービスがあります。
1970年代半ばに転送電話装置が普及するようになり、主にビジネス目的に活用されるようになりました。
事務所や担当者が不在の場合でも迅速で的確な対応をとることができるようになったことで、ビジネスの効率をさらにアップさせることが可能になりました。

2000年に入ると携帯電話が普及をはじめ、歴史に新展開がもたらされます。
現在ではスマートフォンも登場し、さらに幅広い用途での活用が期待されています。

電話の基礎知識一覧へ戻る


比較する お問合せ・ご相談・お見積り