次世代の電話代行サービス

読書の夏

*...── 電話代行 お役立ちコラム ───────...*

「電話代行の相場」
 

会社の代表窓口に電話が多くて毎日毎日そのために人員を配置することが
難しくなっているのであれば、そのときは電話代行サービスの出番です。
 

会社の事務員の方に代わって、電話応対をするというサービスです。
導入することで人件費の削減に繋がり、本来の業務に集中できるという
メリットがあります。
 

ただ、気になるのがその費用です。一体相場はどれぐらいなのでしょうか。
電話代行サービスの相場ですが、一般的にはプランにもよりますが
1~2万円前後と言われております。
 

これは月額料金であり想像していたよりも安いと感じる人も
多いではないでしょうか。
なお、電話代行会社にもよりますが、
さまざまなオプションを付けると費用は高くなっていきます。
 

選択されたプランの中でどういったサービスが入っているのか事前に
確認しましょう。
また、通常は着信回数が多くなるとトータルしてコストが高くなります。
相場と比較してとても安く電話代行サービスを提供している
電話代行会社もあります。
 

その場合に注意したいのがオペレーター(電話秘書)の電話応対の品質です。
料金が安い代わりに、あまり電話対応の質が高くないという可能性があります。
選択の際は、料金だけで比べるのではなく、サービス内容、
そして対応品質の二つの観点から検討する必要があります。
 
 

*...── 電話代行オペレーター日記 ───────...*

こんにちは!
電話秘秘書の渋谷ブロードウェイです。
 


夏休みもあっという間に終わってしまいましたね。
皆さま社会復帰は無事に出来ていますか?
 

昨日NHKで、東京の夏はもう終わったと言っていましたが本当でしょうか(-_-;)
この夏休みは本当に毎日すっきりしないお天気が続きましたね。
今年の夏は猛暑で長引くと言われていたのが嘘の様です。
暑いのが苦手な私にとっては涼しくて助かりましたが、
1日位は夏らしい青空が見たかったかなぁ。
 

そんな夏休み。

なんの予定もなく天気も悪いし、
ずっと家にいるのもつまらなので図書館に行ってみました。
 
図書館に行くのは10年ぶりくらいでしょうか?!
 
久しぶりの図書館は随分変わっていました。
10年前のカードは使えなくなって新しいものを作り直す事になったのですが、
利用カードか携帯に登録するかを選べるようになっていました。
 
借りられる数も15冊までで昔は10冊だったはずです。
時間も夜9時までやっています。
 
その他にも電話応対サービスや図書館のHPで予約や取り消し、
貸し出し状況の確認が出来るようになっています。
 
電子書籍が読める「いーすぽっと体験エリア」があったり
色々なサービスが充実していました。
 
私は本を読むのは好きなのですが読む本が偏っています。
エッセイやルポルタージュが好きで、女性作家が多いです。
小説はほぼ女性作家で、大体決まった作家さん数人に限られているんです。
男性作家の作品は何となく苦手で、
一度友人に強く勧められて村上春樹さんを読んだのですが、

3ページで挫折してしまいました。

時々、賞を取った作品や作家さんのものを読んだりしますが基本的に
冒険はしません。
なのでこの夏休みはいろんなジャンルの本を読もうと決めてみました。

当たり前ですが図書館には本が沢山ありますね。
タダで借りられると思うと胸が弾みます。
ちょっと興味があっても買うとなると躊躇してしまいますが、
借りるなら色々なものに挑戦できます。

そう思って色々借りてみました。
小学校、中学校の時に読んだけれど忘れてしまった
日本文学や高校の時に無理やり読まされた外国文学。
あとは話題になっている男性作家の小説。
それからいつも読んでる作家さんの本も数冊かりました。
 

いざ読んでみると好きじゃない本はなかなか読み進められません。
それで、まずは好きな本からにしようといつもの作家の
本を読み始めたらとまらなくなりました。
私は一度読み始めると途中で止める事が出来ずに最後まで読むタイプです。
延々と最後まで読んで、次は別の苦手な本にしようと読み始めてすぐに挫折して、
また好きな本を読み続けるを繰り返してしまいました。
今、手元には「野菊の墓」「知と愛」「走れメロス」等々があります。
どれもまだ途中までしか読んでないです。
結局は好きな本だけを読み続けた夏休みとなりました。
 

でもこれからも図書館は利用していこうと思います。
今気になっている本は、あの連続殺人事件の木嶋佳苗の自伝的小説と
STAP細胞の小保方晴子さんの手記です。
この2冊は絶対に買うことはないですがちょっと読んでみたい本です。
CDも何枚か借りて楽しみました。DVDもあります。
 
図書館、おすすめです♪


電話秘書の渋谷ブロードウェイでした☆
 
 
 
 
 
 
 

渋谷オフィス 夏季休暇のご案内

渋谷オフィスの夏季休暇をご案内致します。


■夏季休暇
  2017年8月11日(金)~2017年8月17(木)

  2017年8月18(金)より通常営業

ご契約者様、新規お申込・お問合せのお客様にはご不便をおかけ致しますが、
どうぞよろしくお願い致します。

●入場待ち●

*...── 電話代行 お役立ちコラム ───────...*

「電話代行の種類について」

電話代行には大きく分けて二パターンがあります。
 

一つが、会社のスタッフに代わって電話応対をする電話代行です。
社員が不在だったり席を外している時に、
事務員の方に代わってお客様と電話応対するものとなります。
 

もう一つが、いわゆるコールセンターと言われます。
商品やサービスの窓口、あるいはお客様の相談窓口として対応する、
コールセンター代行業務です。
 

後者の方は、何となくイメージしやすいと思いますが、
前者の電話代行は、あまりなじみがないかもしれません。
どちらかというと、電話代行の方が中小企業の会社にとって近い存在になります。
 

それはあくまで会社の担当者として電話口に出るため、
会社の担当者の名前や役職も把握しておく必要があります。
また、お客様とコミュニケーションを取るだけではなく、
取り次ぎや伝言など、会社の方ともコミュニケーションが必要になります。
そこで信頼関係を作っていくことになり、より会社にとって近い存在となるのです。
 

また、コールセンター業務は比較的大きな大企業が利用します。
お客様からの問い合わせも、一日数千件という窓口で利用することが多いのです。
しかし、電話代行サービスは中小企業から個人事業主など、
比較的人が少ない少数精鋭の会社でご利用いただいております。
 
 

*...── 電話代行オペレーター日記 ───────...*
 

こんにちは!!
 

電話秘書の渋谷チョチョッパーです。
 

梅雨も終わり、これから本格的な暑い夏が来ますね!
暑さは苦手ですが、夏の時期はお日様が長くなるので、
1日が少し長く感じられるので嬉しいです。

 

この間、上野の国立科学博物館で7/11~10/1まで特別開催されている、
深海展2017を見に行きました。
だいたい閉館2時間前ぐらいに上野の国立科学博物館に着きました。
 


当日はとても暑い日で、
国立科学博物館に向かうまでの道のりで、
まず汗だくの状態に(;´Д`)
国立科学博物館に着いたら、
入り口には長蛇の列が。とても沢山の人達が来ていました。
入場するのに40分待ちの状態でした(; ・`д・´)
 

混んでいるだろうとは予想していましたが、
ここまで混んでいて、まさか入場待ちになっているとは・・・⤵
午後に行く考えは甘かったです。
その人の多さ、暑さに諦めようかと思ったのですが、
せっかく深海展の為に来たので入場待ちに並ぶ事にしました。
 

列は少しずつは前に進むのですが、
暑い上に日差しもあり、汗がまったく止まらず。
国立科学博物館さんは熱中症対策をとられているのか、
列を進んで行くと、途中に紙コップにお水を入れて飲めるスペースがあったり、
屋根の部分からミストが出ている場所もありました。
私が並んでいた場所はあまりミストにはあやかれませんでしたが、
飲み物を持参していなかったので、
お水を頂けたのは本当に有難かったです。
 

ダラダラ汗をかくこと40分、
ようやく深海展の入り口に!!
やっとクーラーの涼しい室内に入れました。
 

展示ブースには、やはり沢山の人達が。
展示物を見る為には、
列に並んで動きながら展示物を見る状態でした。
閉館の約1時間前に入ったので、
展示物を見て回れる時間は約1時間ほど・・・
展示内容は大きく分けると、深海の生き物、深海底から見えた巨大災害、
深海に眠る資源、深海調査で活躍する機器・・・
 

深海の生き物のブースの所で時間が掛かってしまい、
それ以外の展示ブースをゆっくりは見て回る事が出来ませんでした。
全部のブースをゆっくりと見たかったので、残念です(-"-)
 


暑い中に入場待ちをするか悩みましたが、
でも入場待ちをしても深海展を見る事が出来て良かった、
電話秘書の渋谷チョチョッパーでした。
 
 
 
 

 
 

Google+

Facebook

Twitter

Photos

  • 011.jpg
  • 011.jpg
  • 011.jpg

カテゴリ