スマートフォンの歴史

お問合せ サイトマップ

スマートフォンの歴史
携帯電話からカメラ機能、パソコンの機能まで、小さな機種にさまざまな機能が凝縮されているスマートフォン。まさに現代技術の粋を結集したようなアイテムです。

日本では、ここ数年の間に急速に普及したこともあり、まだまだ誕生して間もない印象もあります。しかし実際にはスマートフォンが現在に至るまでさまざまな紆余曲折を伴う歴史を経ています。

スマートフォンの歴史が、いつからはじまるのかには諸説があります。

携帯電話にPDA機能が搭載されたデバイスとしては、
1996年にヨーロッパでNokiaが発表した「Nokia 9000 Communicator」が最初と言われています。

しかしまだスマートフォンという名称はなく、この機能が普及するかどうかはまだまだ未知数でした。

本格的にスマートフォンの歴史がスタートするのは、1999年と言われています。ちょうど携帯電話が世間一般に普及をはじめ、技術革新が目まぐるしく始まった頃でもあります。

同年にはRIM社が「Blackberry」を発売しています。
これがスマートフォンの直接のルーツとも言われています。
その後、Blackberyyは目まぐるしい勢いで機能を向上していきます。
インターネット接続やマイクロソフトのオフィスの使用などが可能となり、ビジネスマンの間に普及していきます。

スマートフォンの普及に決定的な役割を果たしたのは、2007年に発売されたアップル社の「iPhone」です。

スマートファンという名称からイメージされるスリムなデザイン、優れた機能などによって爆発的なブームをもたらしました。とくにここ日本ではスマートフォンといえば、まずiPhoneを連想する人が今でも多い状況です。

現在では、さまざまなメーカーがスマートフォンを開発・販売している状況となりました。

携帯電話市場では、もうすでに主流となりつつあります。
歴史はまだまだこれから発展・拡大していくのでしょう。
期待したいところです。


電話の基礎知識&便利に使う方法


プランを比較する お問合せ