お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

Google Chrome68の常時SSL(https)化で、ユーザーとウェブサイトはどうなる?

Google Chrome68で常時SSL化の時代へ


2018年7月24日(火)にGoogleのブラウザがChrome68へアップデートされました。(10月にはChrome70が登場する予定です)


それに伴い今回のアップデートでは、常時SSLを導入されていないウェブサイトではブラウザのアドレスバーに以下の警告がChromeブラウザ上に表示されました。
また、ブラウザのアドレスバーのURLの記載が常時SSL化を施してあるサイトは、https:// と表示されますが、常時SSL化されていないサイトは表示されません。

2018-07-30_2b.jpg


※Chromeブラウザをまだバージョンアップされてない方はアップデートしてご覧ください。手動でアップデートする場合は、Chromeブラウザの「右上の立てに点が3つ並んだ箇所」をクリックして、ヘルプのGoogle Chromeについて(G)をクリックしてください。

数分でアップデートされますので、その後にChromeブラウザを再起動してあげればアップデートは完了します。「Google Chrome は最新版です」と表示されていれば大丈夫です。




2018-07-30_3.jpg

SSLってなに?


SSLとは(secure sockets layer)の略で、ウェブブラウザーとサーバー間で安全に通信するため開発された暗号化したデータを送受信するためのプロトコルのことをいいます。

通信データを暗号化することにより、ウェブサイトと情報をやりとりするとき悪意のある第三者からの盗聴、改ざん、なりすましを防止することができます。

今ではウェブサイト側の代表的かつ常識的なセキュリティ対策で、以前はメールフォームやログイン画面等の部分的に施していたりもしましたが、今回のGoogle Chrome68では、ウェブサイト全体を常時SSL化する必要性があります。

また、常時SSL化はユーザーだけの問題ではなくウェブサイト運営者にとっても重要な問題でもあります。

今や(2018年6月現在)PCのChromeブラウザのシェアは約60%で非常に重要なポジションを占めています。ちなみに、かつては主流だったInternet Explorerは約15%のシェアにまで落ち込んでいます。したがいまして現在PCでの主要ブラウザはGoogleのChromeということになります。

その事実を踏まえますと、もしユーザーがChromeブラウザを使用して、あなたのウェブサイトを閲覧した場合、そのウェブサイトが常時SSL化しているのか、していないのかが直ぐにわかります。

つまり、そのサイトはセキュリティ対策をきちんとしているサイトなのか、セキュリティの甘いサイトなのか...
そのサイトの信頼性や安全度が一目瞭然になってしまうわけです。

なお、もちろん弊社サイトは以前から常時SSLに対応しておりますのご安心ください。


下記の国別SSL率を見ても、北米・欧州と比べて日本やアジアのセキュリティに対しての感覚はかなり低いようです。

今後、10月に予定されているChrome70や各ブラウザにおいても益々セキュリティに対する考えが厳しくなることと想像します。まだ常時SSLを導入されていないウェブサイトは、今からでもSSLの導入を検討着手した方が間違いないと思います。



国別・地域別のSSLの普及率

国別や地域別で常時SSL化の普及率を見てみますと、日本は決して高い数字ではありません。ドイツが一番高い数値です。

国別(2018年3月現在)

日本:27.5%
韓国:20.0%
中国:7.6%
米国:67.7%
カナダ:54.5%
ドイツ:82.8%
フランス:69%
イギリス:62.5%
オランダ:71.4%
スイス:71.4%

地域別(2018年3月現在)

アジア:18.4%
北米:66.7%
欧州:69.0%






Twitter

Facebook

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。