お問合わせ |  資料請求
0120-5111-39

電話代行サービスを利用した新しい働き方

電話代行サービスを利用した新しい働き方

新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、これまで会社に出社して働くという当たり前のような働き方から、遠隔などリモートワークで働く、テレワーク/在宅勤務という働き方に急速に切り替わっていきました。

国からロックダウンや緊急事態宣言が発表されると、オフィス通勤などが制限されるようになりました。これまで出張をしていたビジネスマンは、WEB会議システムのZOOMで会議を済ませ、その他商談や社内会議、面接などもZOOMで行われるようになりました。

これまでのようにオフィスで顔を合わせてのコミュニケーションが難しくなったため、社内でコミュニケーションツールとして Slack、LINE、Chatwork などのチャットツールを取り入れた企業も増加しました。

社員が在宅勤務となりオフィスが一時的に使えなくなると、事務所や会社は電話代行サービスを導入するようになりました。これまで会社で受けていた電話応対を電話代行会社にアウトソーシングすることで、リモートワークでもオフィス機能を機能させることができます。

電話代行を利用することで、事務スタッフだけを会社に出社させるといった苦肉の策も取らなくて済みます。電話応対してくれるのは、電話応対のプロフェッショナル電話秘書です。丁寧な電話応対で会社の印象もアップします。

社員の中には、これまでの通勤から在宅勤務と変わったことで、通勤時間のストレスがなくなったこと、時間的な余裕ができたことで QOL (クオリティーオブライフ) = 生活の質が上がったという人も出てきています。

リモートワークと相性の良いIT系の会社では、在宅勤務でもこれまで通りの成果を出すことができ、従来の働き方に対する疑問を持ちはじめ、新しい働き方へとシフトしていく会社も増えてきています。

そんなリモートワーク (在宅勤務・テレワーク) を可能にしたのが、ZOOMやチャットツール、電話代行サービスといったようなコロナ禍で大活躍した便利なツールやサービスの普及です。


コロナ禍で普及した便利なツール・サービス

コロナ禍で普及した便利なツール・サービス

コロナ禍で在宅勤務や、お家で過ごす時間が増えると共にネット会議ツールの ZOOM、ビジネスマンの間ではチャットツール (Slack、Windows Teams)、電話代行サービスなどが普及しました。

これらのツールやサービスは、コロナ後の「出勤」x「在宅勤務」をミックスさせたハイブリッドな働き方にも必要不可欠です。

コロナ禍で普及した便利なツール・サービスについて >

コロナ前、コロナ禍、コロナ後の働き方の変容

コロナ前、コロナ禍、コロナ後の働き方の変容

IT企業などネット環境が整っていれば問題なく仕事ができる会社は、いち早く在宅勤務に切り替わっていきました。しかし従来の大手企業や業種によってリモートワークが難しい会社は、時間差出勤を取り入れるなどして対応していました。

コロナ前、コロナ禍、コロナ後の働き方の変容について


コロナ後の働き方

コロナ後の働き方

この記事を書いている2021年7月5日、イギリスは新規の感染者数が増えるなか (死亡者数は低下)、コロナと共存していく方針を打ち出しました。ジョンソン英首相によると、新型コロナウイルス対策のロックダウンの解除が7月下旬までには行われるようです。コロナ後の働き方はどのようなものになるのでしょうか?

コロナ後の働き方を模索する >


オフィス再開に伴うハイブリッド型の働き方

オフィス再開に伴うハイブリッド型の働き方

コロナ後の働き方は「出社」と「在宅」を上手く組み合わせることで、ハイブリッド型の働き方を模索していくことが必要になるでしょう。こちらの記事では、オフィス再開に伴うハイブリッド型の働き方について考察しています。

オフィス再開に伴うハイブリッド型の働き方 >


未来の働き方はどうなる?

先ほど取り上げた、ABNB の CEO ブライアン・チェスキーは動画インタビューで、「出張に取って代わって旅行になる」というような内容を話しています。これまでわざわざお金と時間をかけて各地に出張に出ていたビジネスマンは、ZOOM があればすぐにでも予定を合わせてネットを介してビデオ会議や打合せができることを知っています。

従来のような出張が完全なくなるとは思いませんが、これからは ZOOM のようなツールも並行して使用されるはずです。企業や行政によっては、緊急時に行っていた会議をこれまでのリアルなものからWEB会議システムに切り替えるところも出てきています。

現に2021年7月現在、アメリカでは社員がオフィスに戻っておらず、出張も激減したことでビジネスクラスの需要も激減。これは出張するよりも ZOOM のビデオ会議で済ませた方が便利だということです。

コロナと共生した働き方を模索

フィレスター・リサーチによると、私たちはいま新しい20年のビジネスサイクルの入り口に立っていると指摘します。同社はこの時代を「顧客の時代」と呼んでおり、新しい顧客は、好きなときに好きな場所で、製品やサービスの価格を決定し、論評し、購入する力を持っていると言います。

世界に目を向けると、2021年7月現在イギリスはコロナとの共生を目指し始め、いち早くコロナを封じ込めたイスラエルはデルタ株によって再び感染拡大を招きファイザーの3回目の追加接種(ブースター接種)も決めた。

大国アメリカは、ワクチンを接種した人と接種していない人で更に分断が深まっている。これらの国はいち早く国民にワクチン接種を開始しており、今後を占うにあたり参考になるだろう。

今こそ古い価値観を捨て、新しい時代に向けた働き方が求められています。

目的に合わせたプラン選び

スタートプラン
3,000 /月

起業したばかりで電話がそれほどかかってこない方
詳しくはこちら

エコノミープラン
5,000 /月

1日平均1回ぐらい電話がかかってくる方
詳しくはこちら

スタンダードプラン
9,000 /月

エコノミーではビジネスチャンスを逃してしまう方
詳しくはこちら

ビジネスプラン
15,000 /月

人気 No.1 緻密な電話応対でさらにチャンスを拡げたい方
詳しくはこちら

エグゼクティブプラン
25,000 /月

電話代行で出来ることは全て揃った快適かつ最強プラン
詳しくはこちら


12,000社以上の利用実績!

電話代行を専門に25年以上で12,000社以上の利用実績!
納得の品質で顧客満足度 №1の代行サービスを目指します。

初回費用・入会料金無料

月額料金のみで低価格・高品質な電話代行を翌日からスタートできます!日本全国のお客様にご利用いただいております。