お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

いつのまにか進化していた... 転送電話サービスの便利な機能

いつのまにか進化していた... 転送電話サービスの便利な機能

電話応対スーパーバイザー:雪野朱音

皆さんは転送電話サービスというのをご存知ですか?

というと、ほとんどの方が知っていると答えますし、
そしてきっと心の中ではこの様に思っているのではないでしょうか?

『スマホの時代にそんなの時代遅れだよ』と。。。
しかし、実はそうではないんです。
むしろスマホなどの携帯電話の普及が進んだ今だからこそ、
転送電話は便利に使えるんですよ。

ビジネスフォンの転送機能

皆さまの働く会社の事務所にも、きっとあるだろうビジネスフォン。
このビジネスフォンにも転送の機能はついていて、
基本的には建物内の内線転送が普通で、
外部への外線転送がついている機種もある、
と言った感じでしょうか。

しかし、このビジネスフォンについている外線転送機能は、
基本的に自動転送と手動転送の2つです。
ですからあまり便利な機能と思われていない感じなんですね。
それこそ、携帯電話に直接かけたほうが便利で早いよね、みたいな感じで。。。

しかし、電話会社のサービスとしての転送電話はかなりの多機能で、
便利に使えばかなり役立つものなんです。

転送電話サービスはいろいろな会社ででていますが、
ここでは代表的なNTTのボイスワープで見ていきましょう。

NTTのボイスワープ

まず、ビジネスフォンにもついてる自動転送ですが、
これには2種類のサービスがあります。
ひとつは無条件で即自動転送をしてくれる『無条件転送』
そしてもう1つが、一旦電話のコール音を鳴らしてから転送する
『無応答時転送』です。

ちなみに即自動転送で弊社の電話代行サービスまで
転送している契約者様も沢山いらっしゃいます。

また、ちょっと席を外しているときなんかに電話がかかってきた場合、
携帯に転送することもできるというわけです。しかも、
もしそこに他の社員がいた場合は早い段階で電話をとってもらう
こともできるというわけですから、これはかなり便利です。

さらには、この転送機能は出先からリモートで
転送の開始・解除が可能なんですよね。

便利なセレクト機能

☆次にこれがかなり便利なセレクト機能☆

これには『登録番号転送』と『登録番号着信』
との二種類があるのですが、前者は登録した電話番号だけ転送する、
後者は登録した電話番号だけ転送しないというものです。

つまり、かけてくる人によって転送するかしないかを
自動設定できるんですね。これは、ビジネスにはかなり
有利な設定だと思います。携帯電話をもって外回りをすることが
当たり前の現代において、人を選んで転送するかしないかを
自動で選択してくれるこの機能の使いみちはかなり大幅に思いつきますよね。

この様に転送電話はとにかく便利なんです。

携帯電話を持ち歩いて、いつでもどこでも電話を持っている時代には、
もはや欠かせない機能であってむしろ最先端のサービスであると言ってもいいでしょう。

決して昔からある古臭いサービスではありません。

ボイスワープ

ちなみにボイスワープの場合なら月額500~800円、
ひかり電話の場合は2000円の工事費が必要ですが、
それ以外なら工事費のいらないというリーズナブルな価格です。
少なくとも、外線転送機能付きのビジネスフォンに買い換えるくらいなら、
こちらにしたほうがお得です。

こんなに便利な転送電話。使わないともったいないですよ。

なお、渋谷オフィスの電話代行サービスの機能の中にも
転送電話サービスという機能がございます。
ご興味のある方は是非ご覧くださいませ。

【この記事を見た人がよく見ている記事】

フリーダイアルの知識(メリット・デメリット)

国際電話をかける方法((固定電話・スマホ対応)

ひかり電話の種類やメリットとデメリットについて

電話代行サービスと転送電話サービスの違いとは?(メリット・デメリット)

電話代行サービスのメリットとデメリット

状況別の電話応対事例集 動画でご紹介



料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。