お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

電話代行とシェアオフィスの違い

電話代行とシェアオフィスの違い

電話応対スーパーバイザー:雪野朱音

こちらのエントリーでは「電話代行」と「シェアオフィス」の違いについて、また2つのサービスについてご紹介します。

電話代行とは、電話を代行するサービスのことです。一方のシェアオフィスとは、オフィスを複数人でシェアする (共同利用する) サービスのことです。

電話代行とシェアオフィスは、何となく似てるようですが、サービスという点では同じでもサービス内容では違います。しかし個人事業主や起業家などにとって両者は非常に便利なサービスです。

シェアオフィスと電話代行の両方を利用している事業者のAさんは、起業したばかりでイニシャルコストを抑えるために、まずは起業したばかり会社の働く環境を整えるために、資金のかからない会社の形を模索しました。

そこでシェアサービス、アウトソーシングなどを利用することで、コストを抑えてすぐにビジネスに集中できる環境を整えました。

シェアオフィスの利用

シェアオフィスの使用用途は、会社の住所と打合せスペースの確保のために自宅近くのシェアスペースを契約しました。ここは、他にも地元に密着した個人事業主が数人入っており、異業種で意見交換などもできる魅力があります。

また共有利用できるラウンジでは、クライアントを招いて打合せができるスペースも完備されています。事務所を借りるよりも数倍も安い月額料金でスペースを借りることができます。

電話代行の利用

シェアオフィスに続いてAさんは、電話代行を導入しました。個人事業主の場合、しかもクライアントとの打合せ等が欠かせない場合、何時かかってくるか分からない電話に応対するのは非常にストレスです。

更にAさんは電話応対があまり得意ではなく、こればかりは完全にアウトソーシングしてしまいたいと思っていました。しかし人を雇うにも、シェアオフィスに人を常駐させることも難しく、何か良いサービスがないかシェアオフィスに入っている事業者さんに相談したところ電話代行サービスを勧められました。

Aさんは、電話代行であれば自社サービス内容を電話秘書に共有することで、プロの電話秘書が自社の社員、電話窓口として対応してくれることを理解し、すぐに良さそうな電話代行会社と契約しました。

シェアオフィスと電話代行を使いこなす

Aさんは今ではシェアオフィスと電話代行を見事に使いこなし、自分のビジネスに邁進しています。Aさんは以下のように話します。

自宅近くのシェアオフィスを借りたことで、まず通勤時間のようなものが無くなりました。そして何より電話代行を導入したことで、全ての電話応対から解放されたことで目先の仕事に集中できる環境を手に入れました。

これはすごく大きくて、コアな仕事に全振りできるのが非常にストレスフリーです。シェアオフィスを借りる前は、在宅ワークで行なっていたのですが、子供がいる時はどうしても注意散漫になりがちでした。

他にも自宅という要因から、なかなか集中することができず、これは働く専用のスペースを設けなければいけないと感じいました。そして電話代行。こんな便利なサービスがあったのか?と使っているうちに気づきましたが、電話が苦手な人にとっては天国のようなサービスです。

とにかく電話を気にしないで良い、自分のタイミングでかかってきた電話内容を確認し、必要であれば折返し電話をする。というシンプルな習慣で、会社の電話応対を成立させることができます。

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。