お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

電話代行を利用して後悔した事例

電話代行を利用して後悔した事例

電話応対スーパーバイザー:雪野朱音

電話代行は便利なサービスとして知られていますが、人によっては電話代行を利用して後悔した ... という人も少なからずいるのも事実だと思います。今回は電話代行を利用して後悔してしまった人の事例を見てみましょう。

この記事の内容
  • 電話代行を利用して後悔してしまったケースをご紹介しています
  • 後悔しないようにするには、電話代行を知ることも大事であることを紹介しています

一次応対にしか対応していなくて後悔

まずコロナ禍で増加したケースとしては、ここだ!と思った電話代行会社と契約し、電話代行の利用を開始したところ電話の取次に対応していないことを知り後悔したというケースです。

電話代行会社によっては、一次応対のみで基本は外出応対にしか対応していないという会社もございます。これは電話代行会社は悪いということではなく、そういうサービスということです。電話代行会社のホームページにはその旨記載されているはずですので、このような後悔をしないように、電話代行会社と契約する際はしっかりと確認しましょう。

思っていたサービスと違った

以外にあるのが、実際に電話代行を利用してみたが、思っていたサービスと違い辞めてしまうことです。後悔とは少し違うかもしれませんが、自分で想像していたサービスとは違ったようです。確かに実際に電話代行サービスのことを100%理解している、という人は少ないかもしれません。

転送電話の設定が分からない

こちらも後悔とはまた少し違うかもしれませんが、電話代行を利用したいのですが転送電話の設定ができない ... というケースです。この方の場合は、電話代行を利用するには転送電話の設定が必要なことを理解できず、転送電話の設定をすることができず、残念ながら電話代行を使うことができませんでした。

転送電話に設定については、電話番号を契約されている通信会社に申込み等を行い、転送電話のダイヤル設定を自分で行う必要がございます。確かに高齢で、そういった設定を理解できず諦めてしまうという方はいると思います。

電話があまりかかって来ない ...

会社を始めたばかりの個人事業主の事業者様のなかには、個人事業主としてスタートと同時に電話代行の利用も開始しましたが、まだ取引先等がなく、自社で売る商品もなく、電話が全くかかって来ないので辞めてしまうという方もおります。

確かにこのようなケースでは、良かれと思い電話代行を利用したのに、蓋を開けてみれば電話がかかって来ない ... というのはツマラナイというか、せっかくお金を払って電話代行を利用したのに後悔したとしか言えないかもしれません。

このようなことにならないように、ある程度取引先ができたり、自社の商品が揃ってから取引先やお客様からのお電話がかかってくるタイミングを見計らって電話代行の利用を開始するのが望ましいでしょう。

まとめ

ここまで電話代行を利用して後悔してしまった事例を見てきましたが、電話代行を利用する際はある程度電話代行というサービスを理解し、電話代行を利用して解決したい明確な問題があれば、電話代行を利用して後悔することはなくなるかもしれません。

【この記事を見た人がよく見ている記事】

成功する人、失敗する人の特徴と習慣 トップ5

人がモノやサービスを購買するに至るまでの心理と仕組み

起業したい人の失敗しない独立起業・開業の準備方法

電話代行プラン 一覧表 月額3,000~

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。