お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

他人のツイート、インスタ写真の埋め込み掲載は著作権侵害にあたるか?

他人のツイート、インスタ写真の埋め込み掲載は著作権侵害にあたるか?

ブログなどを書く時に、他人のツイートやバズったツイート、
インスタに投稿された写真や画像などを引用・埋め込み掲載したい時があると思います。
この時埋め込み掲載することは著作侵害にあたるか?
ということですが順を追ってみて行きましょう。

Twitter のツイートを埋め込み掲載する場合

Twitter の規約によると、
一般に (パブリック) ツイートされた内容を引用・埋め込み掲載しても
著作権の侵害にはあたりません。

Twitter の利用規約を確認する

実際に Twitter の利用規約 (https://twitter.com/tos?lang=ja) を確認すると、
「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」
という項目に記載されていますが、

(以下引用)
ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して自ら送信、投稿または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーのコンテンツはユーザーのものです。すなわち、ユーザーのコンテンツ(他のコンテンツに組み込まれたユーザーの音声、写真および動画もユーザーのコンテンツの一部と考えられます)の所有権はユーザーにあります。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。ユーザーは、このライセンスには、Twitterが、コンテンツ利用に関する当社の条件に従うことを前提に、本サービスを提供、宣伝および向上させるための権利ならびに本サービスに対しまたは本サービスを介して送信されたコンテンツを他の媒体やサービスで配給、放送、配信、プロモーションまたは公表することを目的として、その他の企業、組織または個人に提供する権利が含まれていることに同意するものとします。ユーザーが本サービスを介して送信、投稿、送信またはそれ以外で閲覧可能としたコンテンツに関して、Twitter、またはその他の企業、組織もしくは個人は、ユーザーに報酬を支払うことなく、当該コンテンツを上記のように追加的に使用できます。

ツイートした時点でパブリックなものとして扱われる

上記を解説すると、コンテンツ (ツイート) はツイートしたユーザーのものであり、
所有権はそのユーザーにあります。

Twitter を通して投稿されたコンテンツ (ツイート) は、
Twitter のライセンスの元に、
ツイートされた投稿は世界中で閲覧可能とすることを承認することになります
ということになります。

つまり Twitter で投稿されたツイートはその時点でパブリックなものとして
扱われ、誰でも自由に閲覧できるものとして扱うことができるのです。

例外としては Twitter のアカウントを非公開 (フォローしている方のみに公開)
鍵アカウントにすることで、
パブリック公開ではなく一部のフォローしている方にのみ
ツイートを公開していることになるため、
技術的に引用や埋め込み掲載はできないはずです。

著作権的に問題なくても、クレームを受ける場合も

ツイートの埋込掲載については、普段私たちがブログで YouTube の動画を気軽に
掲載しているよな感覚で掲載することができます。しかし気をつけなければいけないのが
他人のツイートを埋め込んだ際に、そのツイートの本人からクレームがくるという
ケースもよくあります。クレームを寄せた人からすれば、「知らない所で私のツイートが
勝手に掲載されている!」というように憤慨される方がいるのも確かです。

Twitter の利用規約的には全く問題ないのですが、だからと言って好き勝手に
他人のツイートを掲載してしまうとトラブルになることもあるのです。
対処方法としては事前に掲載しても良いか伺うなんてことも考えられますが、
もしクレームを受けたら掲載を削除するなどのした方が良いでしょう。

続いてインスタグラムの埋め込み掲載はどうか?

instagram の場合も Twitter と同様に
利用規約 (https://www.facebook.com/help/instagram/478745558852511 ) を確認してみましょう。

instagram 利用規約を確認する

該当する箇所は
「弊社が利用者のコンテンツの権利の帰属を主張することはありませんが、
利用者はコンテンツを使用するためのライセンスを弊社に付与します。」
という項目になりますが、

(以下引用)
利用者がそのコンテンツについて保有する権利に変動が生じることはありません。弊社は、利用者がサービス上で、またはサービスを通じて投稿するいかなる利用者のコンテンツについても、その権利の帰属を主張しません。 ただし、利用者がサービス上で、またはサービスに関連して、知的財産権の対象となっているコンテンツ(写真や動画など)をシェア、投稿またはアップロードする場合、利用者は、弊社が(利用者のプライバシー設定およびアプリ設定に沿って)利用者のコンテンツをホスト、使用、配信、変更、運営、複製、公演、公開あるいは翻訳し、また派生作品を作成する非独占的、使用料なしの、譲渡可能、サブライセンス可能な全世界を対象としたライセンスを付与するものとします。このライセンス付与は、利用者がコンテンツやアカウントを削除することにより、いつでも終了させることができます。ただし、利用者が他の人にシェアしたコンテンツであっても、その人が削除していないものについては、継続して表示されます。弊社が利用者の情報をどのように使用するのか、また利用者がご自身のコンテンツをどのように管理または削除できるのかについて、詳しくはデータに関するポリシーをご覧になるか、Instagramヘルプセンターにご相談ください。

Twitter の時のような明確な引用に対する記載がありません。

他人のインスタ投稿を埋め込み掲載する際には注意が必要!

インスタの場合埋め込み掲載には注意が必要になります。
それは埋め込んだ写真が著作権を侵害した画像や写真だった場合、
二次的に著作権を侵害にあたり著作権侵害の幇助とみなされてしまう可能性があります。

他人の写真が著作権侵害した写真・画像なのかは判断がしにくく、
写真をアップした本人さえも著作権を侵害した認識がない場合なども考慮すると、
他人のインスタ写真などを埋め込む際には投稿者に確認を取るなど細心の注意が必要だと
言えそうです。

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。