お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

電話代行の勘定科目は「支払手数料」?

電話代行の勘定科目は「支払手数料」?

電話応対スーパーバイザー:雪野朱音

電話代行を利用しています個人事業主様から、確定申告を行う際に電話代行サービスにかかる費用、経費の勘定科目は何ですか?というようなご質問を頂きました。今回は電話代行の勘定科目について、こちら記事で詳しくご説明します。

電話代行にかかる経費は、確定申告の際にどの勘定科目に該当するのか?という疑問ですが、実は以前「個人事業主」様に向けたページにて、個人事業主様に知っておいて頂きたい豆知識としてご紹介しました。

電話代行の勘定科目は「支払手数料」

その時は、電話代行の勘定科目は「支払手数料」に該当しますが、確定申告の際など記入用紙にそれらしき勘定科目が見当たらない場合には「雑費」でも問題ないですよ。というようなご紹介をしたのですが、今回は更に踏み込んで詳しく調べてみたいと思います。

電話代行の勘定科目は「支払手数料」or「雑費」で Okay

つまり、電話代行にかかる経費の勘定科目はこれじゃなきゃいけない!というのはなく、正しくは「支払手数料」になるが、「雑費」に計上してしまっても問題ないとのことです。

支払手数料とは?

ちなみに支払手数料とは、会社を経営するうえで発生する、取引に関する手数料や費用や、報酬などの支払いのことを指します。支払手数料は基本的に消費税の課税対象となっています。

支払手数料に該当する経費とは?

支払手数料に該当する経費とは、どのような支払いがあるのでしょうか?以下にてリストアップしてご紹介します。

・銀行振込を行う際の手数料
・代引きにかかる手数料
・各種証明書の発行にかかる手数料
・仲介料など
・事務にかかる手数料
・登録にかかる手数料
・解約にかかる手数料

上記のように支払いにかかる手数料のことを「支払手数料」と区分します。

支払手数料と雑費の違いは?

支払手数料と雑費の違いは、まず「雑費」とは額が小さく、他の勘定科目に含まれない経費に対して使う勘定科目のことです。更にポイントとしては、定期的にかかる費用ではなく、稀に発生する費用に対して雑費として扱うケースが多いです。

しかし厳密にこうじゃなきゃいけない!という決まりはありませんので、そこは柔軟に個人事業主が「支払手数料」にするか「雑費」にするか、振り分ければ良いかと思います。

代行サービスは全て支払手数料なのか?

まず電話代行とは、貴社の社員に代わって電話秘書が電話を代行するサービスです。では、代行サービス全般の勘定科目は支払手数料になるのでしょうか?

例えば会社の忘年会などでアルコールを飲み結構な勢いで酔っぱらってしまった上司のBさんは、自身の車で帰ることができず、この日は会社に車を止めたまま、運転代行サービスを利用し帰路につくことにしました。

さて、運転代行で支払った経費の勘定科目は何になるのでしょうか?答えは「旅費交通費」に分類されます。または「交際費」に計上することもできます。

上記は一例に過ぎませんが、このように代行サービスの経費や手数料の勘定科目が全て支払手数料になるということはありません。

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。