お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

緊急時に役立つ電話代行サービスの価値

緊急時に役立つ電話代行サービス

電話応対スーパーバイザー:雪野朱音

緊急事態はいつ起こるか分からないものです。例えば、災害、病気、事故、急な出張などがあった場合、会社の電話業務や電話対応ができなくなってしまうことが多々あります。そんな時のために、電話代行サービスを導入しておくと、緊急時でも会社の電話応対が可能になります。

今回が緊急時の電話応対、会社や個人事業主が緊急時の時に役に立つ電話代行サービスについてご紹介します。

こんな緊急時、電話対応に困ってませんか?

こんな緊急時ありませんか?

緊急事態とは、予期せぬ事態や危機的状況を指し、そのような時には迅速かつ効率的な解決策が求められることが多いものです。電話代行サービスは、このような緊急事態において非常に有効的なツールとなります。

これは、さまざまな緊急事態に迅速に対応し、適切なアクションを取るためのサポートを提供することができるからです。

本記事では、緊急事態の際に直面する可能性のある様々なシナリオを想定し、それぞれの状況で電話代行サービスがどのように役立つのか?について、詳しくご紹介します。

緊急事態には多種多様なものがありますが、例えば「大事な電話がかかってくる日に外出しなきゃいけなくなった」、「急病で仕事所ではなくなってしまった ...」、「スタッフが急遽出社できなくなってしまった」、「会社が急遽一定期間休業することになった」... などなど、大小に関わらず様々な緊急事態があるものです。

自然災害、医療緊急事態、セキュリティ関連の問題、重要なビジネス上の決断が必要な状況などが挙げられます。これらの状況では、迅速な情報の伝達や適切な対応策の実施が不可欠となります。

以下では、これらの緊急事態の例を挙げ、それぞれのシナリオで電話代行サービスがどのように価値を提供するのかを具体的に説明します。

大事な電話がかかってくる日に限って外出が入ってしまった

大事な電話がかかってくる日に限って外出が入ってしまった

どうしても外出しないといけない時に限って、大事な電話がかかってくる ... というようなことはご経験ありませんか?

この場合、電話がかかってくるのを待っていなければいけないのですが、外出しなければいけない時間も迫っている ...。こういう時に限って ... という緊急時はよくありがちなケースです。

電話代行を利用していれば、外出 (出張など) するスケジュールが決まっていれば、その日の電話応対は電話秘書に任せることが可能なので、安心して外出することができます。

電話秘書は、当日の電話応対を管理し、メールやチャットで応対内容を報告してくれます。これにより、外出先でも電話内容を確認することができます。

事故に遭ってしまい救急車で運ばれることに

不意に事故に遭ってしまう ... というケースも、実は無くはないのです。私の知り合いで在宅勤務で猫を飼っている人がいるのですが、その日は夕方に大事な仕事を抱えていたのですが、猫と遊んでいて家で事故に遭ってしまい、救急車で運ばれるという事態になってしまったのです。

猫と一生懸命になって遊んでいる際に、ついつい羽目を外してしまい高くジャンプしたところ、天井が低い部分に頭を思いっきりぶつけてしまい、頭から出血してしまったのです。事故って流れる血を見て救急車を呼ばないといけない、と思ったのと同時に、今日入っていた大事な仕事のことが頭を余儀る訳です。

しかし、こんな時は気が動転してしまい上手く振る舞うのは難しいものです。また、命より大切なものはありませんので、仕事所ではなく、タオルで出血を止め安静にして救急車を待つのが重要です。

この方は、運良く事なきを得て、その日のうちに頭をホチキスのようなもので縫い、通院となりましたが、その日は自分の足で帰ってきたと言います。しかし仕事は最終的に始末書を書く羽目になった ... と言います。こんな時、電話代行サービスのようなものを導入していれば、また結果は違ったのかもしれません。

スタッフが急遽出勤できなくなってしまった ...

スタッフが体調不良で欠席に、電話応対スタッフがいなくなってしまった。個人事業主や従業員の少ない会社では、スタッフが体調を崩してしまったり不慮の事故や入院などになってしまうと、後をフォローできるスタッフがいなくなってしまい、事業が正常に回らなくなってしまうことがあります。

そんな時は電話代行を利用することで、会社の電話応対部分をまるっとアウトソーシングすることが可能です。電話代行は、予約応対、受注応対など様々な電話応対に対応していますので、電話応対スタッフが出れなくなってしまったような緊急時では、電話代行の利用をおすすめ致します。

急遽会社を10日間くらい空けることになってしまった

急遽海外に出る用事ができてしまい、その間事務所の電話応対ができなくなってしまった ... このようなケースでも、電話代行を利用することで、海外に行っている間にかかってくる電話応対が可能になります。応対内容はメールやチャットで報告致しますので海外でも確認可能です。

また、もし緊急の電話がかかってきて本人を出して欲しい、というような電話がかかってきても、電話秘書が「〇〇は海外出張中でして、〇月〇日には日本に戻りますので、それまではご用件は私が伺い本人にお伝えします ... 」といったように、海外出張中の旨を伝えることが可能です。

そうすることでトラブルになることもなくなります。また緊急電話の要件もメールやチャットで確認できるため、海外からも確認することができます。

事務所の移転に伴い、その間に電話応対ができない

事務所の移転に伴い、その間に電話応対ができない

事業が軌道に乗ってきて、小さなオフィスからもう少し大きなオフィスに引越すことになり、その間の電話応対ができないことを電話をかけてくる顧客やクライアントに伝えたい、というケースです。

こんな時でも電話代行の留守電機能を使うことで、任意のメッセージを留守電として設定することが可能です。例えば、「お電話ありがとうございます。〇〇会社は〇月〇日に事務所が移転になり、〇月〇日まではお電話に出ることができません。大変お手数ですが、ご用件のある方はこちらの留守電にご用件をお申し付けください。後ほど担当者より折返し致します。」

のように、事務所が移転になる旨、〇月〇日までには電話応対が可能になる旨をお伝えし、ご用件のある方にはご用件を留守電に入れてもらうという風に設定することが可能です。

まとめ

このように電話代行サービスは、さまざまな緊急事態に迅速に対応し、お客様のニーズに応えることで、ビジネスの継続性を支える重要な役割を果たします。

電話代行サービスを利用することで、会社は非常時においても顧客からの問い合わせや重要な通信を逃さず、適切な対応を行うことができます。

例えば、自然災害や技術的な障害が発生した際に、通常の業務が中断される可能性がありますが、電話代行サービスを活用することで、これらの状況下でも顧客サポートを継続し、ビジネスの信頼性を維持することが可能になります。

電話代行サービスの提供する価値は、単に電話応対を代行することにとどまらず、クライアントとのビジネス継続計画(BCP)の一環として、危機管理体制の強化にも寄与します。

緊急事態における迅速な情報収集と伝達は、適切な対応策の策定と実行を加速させ、結果として企業のリスクを最小限に抑え、ビジネスの回復力を高めることに繋がります。

このように、電話代行サービスは、緊急事態における迅速な対応、顧客ニーズへの応答、ビジネス継続性の確保という複数の面で企業をサポートします。これにより、会社は不測の事態にも柔軟に対応し、顧客満足度の維持、ビジネスの安定性と成長を図ることができるのです。

【関連記事】

折返し電話応対について

在宅勤務の個人事業主、電話応対をどうするか?

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。