お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

独立指南!フリーランスでも起業でも、しっかりとした心構えで準備しよう。


2018-03-05_01.png

ある意味会社員のあこがれである、独立。
フリーランスになるにしてもまた起業するにしても、一国一城の主になるというのは夢であり憧れでもありますよね。


しかし、実際はそんな夢だけで語れる甘い世界ではありません。
ビジネスの世界という物は波の高い果て無い海のようなもの、そんな海に情熱やあこがれだけで飛び出しても海岸近くで沈没するのがオチです。

まずは海を渡っていく心構えとしっかりとした準備、それが重要なのです。

2018-03-05_02.png

独立するために独立しない

まずは初めに一番大切な心構え。
起業するにしてもフリーランスになるにしても、あくまで独立というのはあなたのやりたいことや夢をかなえる手段であって目的ではありません。


自由なライフスタイルを構築していきたい、憧れの職業で生活したい、自分のスキルを試してみたい。
そういった、あなたの持つ人生の計画のためのその手段として独立するのですから、大事なのは独立した後の生き方と、セルフマネージメント。
独立前の準備も、その一環としてしっかりと行っておきましょう。

資金をためる

これはやっていることが前提のものですが、一応触れておきます。
とうぜんですが、起業にしろフリーランスになるにしろ、資金ゼロでは始められません。

特に起業においては、すべてを自己資金で賄うのは難しいものですので、まずは、あなたのスタイルに合っている公的補助や支援をしっかりとリサーチしておきましょう。

また、起業後の運転資金などもしっかりと計画して、余裕を持った独立を心がけましょう。
ちなみにフリーランスであればそんなにはかかりませんが、起業となるとその資金は、総務省の統計で平均500万円前後となっています。

WEB環境を整える

ではここからは具体的な準備に入っていきましょう、まずはWEB環境の整備です。

・WEBサイトを制作する

こんな時代ですから、ネット上の活動抜きで起業やフリーランスへの道は開けません。
まずは、個人及び会社のサイトの制作を一番にやっておきましょう。

もしあなたにWEBの知識があるならば、無料サイトや無料ツールばかりに頼らず独自ドメインや有料サーバを選んでしっかりとしたものを作ってください。
もちろん無料でもできますが、それでは会社やあなたの信用は得られません。
先行投資は、のちの利益と信用に大きく関わってきます。

そういった点で、WEBの知識に自信のない人は、迷わずプロのサイトビルダーやWEBデザイナーにサイト作りを依頼しましょう。
素人の作った付け焼刃のサイトが通用するほど甘くはないのです。

・SNSなどで宣伝をしておこう

WEEBサイトの制作と同じように、起業やフリーランスになる際にSNSなどでの宣伝活動は必須です。
もちろん簡単に成果の出るものではありませんが、どんな職種であれ、ビジネスチャンスの舞い込んできそうなアンテナは、そこに1%でも可能性があれば手を出しておくべきです。

また、古い手の様に思われますがメルマガの効果はいまだに健在。
大手企業がいまだに携帯やスマホ向けのメルマガを発行しているのは、実際に効果があるからですので、こういったものもしっかりとチェックしてネット上の販促に役立てる準備をしておきましょう。

仕事環境を整える

次に実際に仕事環境を整えていきます。
起業やフリーランスになるために会社を辞めて独立した後で、働く環境を整え始めたらその間の収入はゼロです。
事前準備の必須項目として、しっかり整えておきましょう。

・仕事場を確保する

これは起業するのかフリーランスになるのかで大きく変わってきますが、まずは働く場所を確保します。
フリーランスであれば、それこそノマドワークのようにリモートで働けるので、自宅やコワーキングスペースを利用して働くといったことが可能ですから、そこに大きな投資は必要ありません。

しかし起業となるとそうはいきません、もちろん自宅でも可能ですが、そうでない場合は、賃貸オフィスやレンタルオフィスなどを借りなければいけません。
そのほか事務用品などもそろえなければいけませんし、きちんとした準備期間と資金の確保が必要となります。

・様々な事務代行業を利用する

起業にしろフリーランスにしろ、本業だけをやっていればいいというわけではありません。
税金対策、会計、電話応対など、やらなければいけない事務仕事は目白押しで、特に仕事を始めた当初は、不慣れなことも手伝って、そこに割かなければいけない時間は膨大になります。

しかし、あくまで事務仕事は本業ではなく本業をやっていくための手段、それに忙殺されて本業がおろそかになっては本末転倒です。
ですので、出来ることはプロの代行業にきちんとお任せしましょう。

とくに電話代行業などは、仕事が動き始める前の様々な手続きや、それこそここで書いているWEB環境の整備から仕事環境の整備に至るすべてのシーンで、その効率を飛躍的にアップさせます。
人件費の削減にもなる代行業は、ビジネスのための必要な投資であるとしっかりと認識しておくべきなのです。

熱意と投資は惜しんではいけない

独立に必要なもの、それは一つは熱意。
しかしやはり気持ちだけではどうにもならず、そこにはやはりしっかりとした先行投資という物が必要になってきます。

もちろん起業したりフリーランスになった当初は、資金が潤沢ではありませんから資金繰りは難しくなります、しかし、ここで投資を惜しんでしまうとうまくいくものもうまくいかないのが現実。

必要な設備投資はもちろん、作業効率を上げるために電話代行業などのプロの手を借りることも、しっかりと考えておかなければいけないのです。
熱意と投資を惜しんだ独立は、成功しないと心に刻むべきなのです。

2018-03-05_03.png

Twitter

Facebook

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。