お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

新入社員必見!効果的な電話応対の練習方法

効果的な電話応対の練習方法

皆さんこんにちは。電話秘書のティナです。

電話応対の練習というのは、会社である程度教えてくれますよね。
しかし、それはきっと初めの方だけで、自主練習ということになると、
まず何をすればいいかもよくわからないので、
なかなか上手くいかないことも多いはずです。
そこで今回は、そんな電話応対の練習をプロ目線でお教えします。

プロ目線で電話応対の練習方法を伝授

まず、いちばん大切なのはなんだと思いますか?
じつは、『笑顔』です。
人間というのはけっこう単純なもので、
怒った顔で声を出すとイライラした声で聞こえますし、
ボーッとした顔で話すとぼんやりした声が出ます。
ですから当然、笑顔で話せば明るく感じの良い声が出せるというわけです。

電話応対なのだから表情はどんなものでもいいと
思いの方もいらっしゃると思いますが、
電話応対だからこそ笑顔の練習は必須で、
まずは鏡の前で素敵な笑顔を作る練習をしましょう。
それだけで、かなり電話の感じはかわります。

次は、発声
しかも、座った状態で姿勢を正し、
しっかりとした声が出せるようになる、
そんな発声練習をするとかなり良い効果が期待できます。

基本は、鼻から息を吸ってゆっくりと口から長くロングブレスで吐き出す
というやり方です。この時、お腹の動きを意識して、
しっかりとお腹を動かして呼吸をしていることを意識してあげると、
段々と安定して呼吸を長く出せるようになります。

人間は緊張すると呼吸が浅くなりますから、
声が震えたり聞き取りにくくなるんですね。
ですからこの練習をして普段から腹式呼吸ができるようになっていると、
電話応対の時に安定した声が出るようになるというわけです。
ちなみにこれ、ダイエットにもいいんですよ。

最後は、電話応対マニュアルをしっかり覚えること。
これは、できれば生身の人間とシミュレーションするのが一番いいのですが、
できないときは何度もイメージトレーニングするといいでしょう。

もし、親や友達に協力してもらえるなら、
そう言う方を相手に練習するといいですね。特に中年以上の女性の場合は、
電話応対に対して求めるクオリティの理想が高い方が多いですので、
こういう方を相手に練習するとメキメキと腕が上がります。
「え?こんなことも気になるの?」という気づきもかなりあるはずです。

電話応対のプロである私たちから言えば、
練習は多ければ多いほどいいものです。それこそ、
私たちになると普段の言葉遣いからしっかりと気をつけていますし、
喉の調子を整えたり湿度を保ったりというのも、
一つの準備という名の練習だと思っています。

もちろん、普通はそこまでのクオリティは求められないかもしれません。
ただ、練習をして上手くなるぶんには上限はないものと考えて、
より良い電話応対を目指して普段から気をつけてみるといいかもしれませんね。

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。