お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

建設業の電話代行利用について

建設業の電話代行利用について

電話応対スーパーバイザー:雪野朱音

建設業の事業者様にも電話代行を便利にお使い頂けます。

この記事の内容
  • 建設業の事業者様に向けて、電話代行の利用例や事務所の電話応対の問題解決についてご紹介しています

建設業の電話代行利用例

建設業における電話代行の活用例をご紹介します。以下のような問題を電話代行を導入することによって解決することが可能です。

建設業の事業者様で、電話代行の活用を検討されています方は是非ご参考下さい。

・人件費を削減することができる

建築業で電話代行を利用することで、これまでかかっていた人件費を大幅に圧縮することができます。例えば事務所のスタッフをもう少し増やしたいが、人件費的にもこれ以上スタッフを増やせない ...

今いるスタッフが過労になってしまいこのままでは不味い ... というような八方ふさがりになってしまったら、是非電話代行を検討しましょう。

スタッフを新たに雇うのではなく、建設業事務所の電話応対受付として電話代行を導入することで、今いるスタッフの労働の軽減でき、尚且つ経費をお幅に削減することが可能です。

・事務所スタッフが足りない ...

事務所スタッフが足りておらず、午前中など事務所に人がいない時間帯の電話応対をお願いしたい。

多くの建設業/建築事務所では人手が足りておらず、人員確保も急務になっていますが労働市場とのミスマッチでなかなか新たな人員が見つからない状態が続いています。

電話代行なら、平日9:00〜18:00までの時間帯で自由に事務所の電話応対を委託することが可能です。

例えば事務スタッフが子供を抱えている場合、午前中の勤務が難しいかもしれません。そんな時は、午前中だけ電話代行を利用し、午後からは事務スタッフに働いてもらうことも可能です。

・緊急時でも責任者に電話をおつなげできます

建築現場で事件など事故があった際は、責任者にかかってきた電話を内線電話のように繋げることもできます。

何か緊急の電話が入った場合には、かかってきたお電話を電話秘書から責任担当者様に内線電話のような感覚でおつなげすることが可能です。

もしもの場合でも、速やかに現場責任者や担当者に直接連絡が繋がるような仕組みができますので、安心して自分の仕事に集中することが可能です。

・良くある質問を電話秘書が回答します

建設機械レンタル・リースに関するお問合せにも、事前に100文字以内の簡単な応対文を用意頂ければ電話秘書が応対することも可能です。

オプション機能「Q&A対応」を利用することで、良くある質問の回答を予め用意しておき電話秘書が応対することが可能です。

5つの質問まで回答可能で、回答できる文字数が100文字以内という制限がございますので、あまり難しい質問には向きませんが、建設業の事務所応対で良くある簡単な質問であれば電話秘書が受け応え可能です。

まとめ

ここまで建設業における電話代行の活用例をご覧頂きました。

建設業でも事務所の電話応対として電話代行サービスを活用頂けます。事務所の電話応対でお困りの場合は、電話代行の渋谷オフィスまでご連絡下さい。

【この記事を見た人がよく見ている記事】

建築事務所・不動産会社様の電話応対Q&A

建築リフォーム会社様の電話代行活用事例

電話の豆知識

料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。