お問合わせ |  資料請求
電話番号:0120-5111-39

当てはまったら検討必至!電話秘書代行に頼むべき個人事業主の特徴

2018-07-23_1.jpg

個人事業主として独立し事業を展開していると、様々な問題に直面します。

そうでなくとも、個人事業主というのはやることが多く、これがスタートアップ期間であればなおさら、問題の解決にまで手が行き届かないものですよね。

そこで、代行サービスを頼もうとは思っても、さて、一体どういう問題が代行サービスに頼むべきものかは、なかなか判断のつかないことです。

そしてそれは電話代行も同じ。
そこで今回は、電話代行に頼むべき個人事業主の特徴として、事例を挙げて解説していきましょう。



こんな場合はすぐに電話代行サービス

ではまず、これはすぐにでも電話代行サービスを頼んだ方がいい。
そんな事例から上げていきましょう。


2018-07-23_2.jpg

① 電話口で、よくクライアントが不機嫌になる

じつは、これはよくある話で、クライアントとの電話打ち合わせの際、クライアントが不機嫌になる時があります。

このとき、往々にして「〇〇さんは気が短い」ですとか「○○事務所は要求がきつい」などと考えてしまいがちですが、こういうことか立て続けば、問題があるのはむしろ自分たちと考えるべきです。

正しい電話応対や相手に不快感を与えない電話応対は、自分ではわからないことが多々あります。
知らず知らずのうちにまずい電話応対で商機を逃しているのかもしれませんよ。



② オーバーワーク気味である

電話代行で忙しさが劇的に軽減するだろうか?とお考えの方もいるでしょう。

しかし、もし、今までの経験の中で、商談中に別の大事なクライアントから携帯に電話が来て相手を待たせたことや外回り中に何度も事務所の留守番電話に連絡があったような経験があるなら、これは電話代行の出番です。

もちろんそこには、クライアントをお待たせしないという側面もありますが、自分の仕事の手間という点で大きなメリットがあります。

電話代行があれば、商談に集中できますし、折り返しの電話に無駄な時間割くことはありません。
何度も事務所に戻って電話を確認する必要はありませんし、留守番電話の内容を管理し従業員に周知するための時間もなくなります。

自分の仕事の中で電話応対に割いている時間を考えたら、その時間はかなり多いということがわかるはずです。




③ 事業のIT化が進んでいる

事業のIT化が進むことで、実は大きな盲点となるのはアナログなクライアント対応です。

いかに世の中のIT化が大きく進んでいたとしても、今現在の状況においてまったくアナログな対応をしなくても事業が成り立っていくという状況にはまだ至っていません。

個人事業主本人は、ネット上のコミュニケーションだけでクライアント対応が万全のように感じていても、実はその陰に「電話で対応してくれれば依頼したのに」という潜在需要が隠れている場合が多いのです。

これに気付かないことは、明らかな商機の喪失です。

世の中の誰しもがお問い合わせフォームとメールボックスがあれば、自らの希望や要求を伝えるのに十分だとは思っていないのです。




④ 折り返し連絡でご破算になる

電話での応対において、忙しい時や担当がいない時に折り返しの電話をかけることがあります。

しかし、折り返しの電話を掛けたとたん、すげなく断られた経験がありませんか?

こういった経験があるなら、それは要注意です。

折り返しの電話を希望したということは、少なくともそこに商機があったにもかかわらず、そうなったということは"そこまでのプロセスに相手を不快にさせる何かがあった"と考えるべきなのです。

それが何なのかはっきりしていなかったとしても、電話代行であれば、最初の応対、電話内容の管理と連絡の徹底など、そのリスクを最小限にしてくれます。



2018-07-23_3.jpg

電話秘書代行サービスでより良い結果を

次に、こういう場合でも電話代行サービスを頼めばより良い職場環境が保てる。
そんな事例を見ていきましょう。



① きちんと休みたい

個人事業主にとって、プライベートタイムはあってないようなものです。

たとえ休息中であろうと、その間まったく連絡を閉ざすようなことをしていては、商機を逃すどころかクライアントからクレームを受けることもしばしばです。

とはいえ、休みはしっかりとらないとより良い仕事はできません、少なくともプライベートタイムに仕事の電話を受けたくない。

こういう場合は、電話代行サービスであなたのより良いプライベートタイムは確保できるのです。




② 仕事とプライベートはしっかりと分けたい

個人事業主の中には、より自由な生き方を求めてフリーランサーになった方も多いでしょう。

ところが、フリーランサーになったとたんに、これまでプライベートでしか使わなかった個人の携帯にも、仕事関係の電話かがかかってきて、より不自由になった人というのは多いものです。

また自宅と事務所が同一の場合、家の固定電話にも仕事の電話がかかってくるようになります。

しかし、そんなとき電話代行サービスを利用していれば、プライベートと仕事をきっちりと分け、より自由な環境で働くことができるのです。




電話の価値を見つめ直す

事業の行き詰まりや抱える問題、そして成果の低迷や個人事業主自身のオーバーワーク。

それらを考える時、普通は事業の見直しやアイデアの創出、人員の確保や再教育といった方向に行きがちですが、ここで電話応対の重要性を思い出してください。

もしかしたらあなたやあなたの会社が抱えている問題は、電話応対にその理由があるのかもしれないのです。

そして、それを解決する手段として、月額3000円から格安の電話代行サービスがあります。

それは決して、お金の余裕がある時に仕事をちょっと楽にする外注の電話係ではなく、事業における大きな改善策の一つだと認識しておくべきものなのです。




料金、サービスに関して少しでもご不明の点がありましたらお気軽にご相談下さい。