お問合わせ |  資料請求
フリーダイヤル:0120-5111-39

会社が在宅勤務となった中小企業
Yさんの電話代行導入事例

会社がコロナウイルスの影響を受けて、状況が落ち着くまで当分の間在宅勤務となりました。社員数十人の弊社では、まずはオフィスワークから在宅勤務に切り替えるための準備を始めました。

在宅勤務となった中小企業 Y さんのプロフィール

弊社は社員数十人の情報エコシステムを取扱う会社です。コロナ前はオフィスワークでコミュニケーションを取り業務を進めていましたが、コロナの影響で在宅勤務への切り替えが急務になりました。

電話代行の利用背景

これまで会社の電話応対はオフィスで事務スタッフが受けていましたが、緊急事態宣言と共に一時的にオフィスを閉めることになりました。在宅勤務でも会社が機能するように電話代行サービスを導入を検討しました。

最初は事務スタッフだけオフィスに残すことも考えましたが、一部のスタッフだけ出勤させるのはどうなのか?という声が社内でも上がり、だったら在宅勤務でも社員が安心して働ける環境を構築しようという結論になりました。

プランの選定、必要な機能

弊社では社員のコミュニケーションツールとして Slack を利用していましたので、電話代行頂いた内容を Slack に通知してくれること。そして、緊急の電話などがあった場合には担当のスタッフに電話の取次ぎをして欲しいという要望がありました。

1ヵ月のコール数について事務スタッフに確認したところ、取引きのあるクライアント様からの電話が多く100件以上はコール数があるのではないかと思います。

  • ・チャット通知対応 (Slack)
  • ・電話の取次ぎ
  • ・1ヵ月のコール数が100件以上ある

電話秘書のアドバイス

電話秘書

ご相談ありがとうございます。まず1ヵ月のコール数が100件以上はございますということですので、「ビジネスプラン (月額 ¥15,000)」をおすすめ致します。ビジネスプランの対応コール数は150件となっており、チャット通知に対応した「チャットツール連絡サービス」も付いています。

更に、御社様の社員20名までお電話での在籍照会、担当者別スケジュール対応、お客様へ伝言連絡、Q&A対応 などにも対応しており、会社の電話応対で必要な機能が揃っております。

電話の取次ぎにつきましては、オプション機能である「通話接続サービス (月額 ¥1,000)」を追加頂きますことで、クライアント様からのお電話を電話秘書から内線感覚で担当様にお繋ぎすることができます。

オフィスワークから在宅勤務に切り替え

ありがとうございます。ビジネスプランと通話接続サービスを利用することで、在宅勤務へ切り替えることができます。

電話代行利用後の感想

東京で1回目の緊急事態宣言が発せられたタイミングで電話代行サービスを導入し、在宅勤務に切り替えておいて良かったと思いました。東京では4月現在、3回目の緊急事態宣言が発表される見込みになっています。

早くに在宅勤務に切り替えられたことで、社員も在宅勤務にも慣れ顧客対応もスムーズにできています。あの時早い判断で電話代行を導入しておいて良かったです。

中小企業 Y さんの契約内容

利用プラン : ビジネスプラン (月額 ¥15,000)
オプション機能 : 通話接続サービス (月額 ¥1,000)

合計の月額料金 : ¥16,000

※ 金額は税抜き価格となります。